グーグルサーチコンソールを使ったリライトすべきブログ記事の探し方!

ブログ作成のコツ

サーチ虫眼鏡

現在、ブログは殆どが検索に依存しており、約8割がグーグル検索からやってきます。

そこで検索順位を上げるためにリライトをするわけですが、どの記事をリライトしてよいのかわからない人もいると思います。

そこで、本日はブログのアクセスアップをはかるためにGoogleサーチコンソールを使ったゲームブログのリライトの方法を記事にします。

 

検索順位別のクリック率(CTR)を知っておこう

リライト前に、検索順位の違いでどれくらいクリック率(CTR)が変わるのかざっと知っておきましょう

2017年のGoogle検索順位別のクリック率

Google検索順位別のクリック率データがInternet Marketing Ninjasより発表されました。

データによると、2017年のGoogle検索順位別のクリック率は上図のようになります。

 

■2017年の検索順位別クリック率
1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

検索順位トップ3で4割ほどを占めている。これが現実です。

 

リライトする前に

ブログを開設してある程度の記事数や期間をおいてから行う

リライトをするのは、記事を書いてある程度の時期が経つまでは行わない方が良いです。

 

なぜなら、特にブログを開設して記事が少なすぎる場合はブログ自体がそれほど評価されていません。その場合、被リンクなどが殆どない状態でグーグルにまともにクロールされていない可能性があり、検索順位が低くても記事が悪いというわけではありません。

 

リライトを行う目安としては、ブログを開設してから最低100記事、半年以上経ってから行いましょう。

僕は半年で640記事以上と記事数が増えすぎたので半年でリライトをしていますが、基本的には1年くらいでリライトを開始する方が良いと思います。

 

設定方法

探す前にサーチコンソールでこちらの手順のように設定を行ってください。

サーチコンソールにログインしたら「検索パフォーマンス」を選択します。

 

検索パフォーマンス画面に移動したら、「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR」「平均掲載順位」を表示できるように設定します。

 

日付に関しては、「28日間」~「3ヶ月」程度が良いでしょう。

検索順位に反映されるのは、約3ヶ月ほどかかるので基本的には3ヶ月が良いですね。今回はこのブログでは初めてのリライトなので28日にしています。

 

リライトすべき記事の探し方

ではリライトすべき記事の探し方に入ります。

 

表示回数が多くて平均CTRが少ない記事

グーグルアナリティクスデータ

「クエリ」「表示回数」で並び替えます。

表示回数が多い記事は、あなたのブログ記事が読まれる可能性がそれだけ増えるわけで、改善するとPVが急激に伸びますので、CTRが低すぎる場合は改善しましょう。

 

表示回数はGoogleでは以下のように掲載されています。

 Google の検索結果に表示されたサイトへのリンクの数です。ユーザーがスクロールせず、リンクが実際には表示されなかった場合でもカウントされます。ただし、ユーザーが 1 ページ目しか表示しなかった場合、2 ページ目に以降に表示されるはずだったリンクは表示回数としてはカウントされません。カウントは、サイト別またはページ別に集計されます。画像検索のようにスクロールが無限に続くページは、スクロールされて実際に表示された項目のみが表示回数としてカウントされます。

検索パフォーマンス レポート - Search Console ヘルプ
検索パフォーマンス レポートには、Google 検索結果へのサイトの表示頻度、検索結果での平均掲載順位、クリック率、検索結果に関連付けられた特別

クリックされていなくても検索結果に表示された場合は表示回数に加算されています。

 

そこで、先ほどの検索順位別クリック率を思い出してみましょう

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

グーグルアナリティクスデータ

どうですか?

「フィットボクシング」と「ネコトモ」のCTRが掲載順位の割に低すぎると思いませんか?

 

特に「ネコトモ」は掲載順位が4.4位にもかかわらずCTRが0.3%しかありません。本来であれば4%ほどはあるわけです。

 

このように表示回数が多くて平均CTRが少ない記事はリライトで1番最初に考えたいのはタイトルやディスクリプションの変更です。

 

そもそも上位表示されているのにクリックされていないのは、それだけクリックしたくなるような魅力的なタイトルではないからです。

 

ディスクリプション

ディスクリプションは、記事の要約を表す部分で、検索結果に表示される説明文のことです。

 

ワードプレスメタディスクリプション

ワードプレスなら記事作成画面の下側にメタディスクリプションの設定ができるはずです。ただし、PCは最初の120文字、スマホは50文字までしか表示されませんので、重要なワードは前の方に記載しておきましょう。

 

掲載順位が低いが、表示回数が多い記事

グーグルアナリティクスデータ

先ほどと同じで「クエリ」「表示回数」で並び替えます。

 

バイオハザードre2に注目してください。

これはビックワードということもありますが、掲載順位が20.5位と3ページ目にあるにも関わらず、表示回数がそこそこあります。

これは、上位掲載されているページに満足するものが少ないことを意味します。

上位表示されているものに満足すれば、検索はそこで終わるため下位ページには移動しませんからね。

 

掲載順位が低いにもかかわらず表示回数が多いワードは上位掲載されているページに満足するものが少ないために改善次第では大きなチャンスがある「お宝ワード」になります。

 

バイオハザードre2のようなビックワードの場合、関連ワードの記事を多数掲載すると満足度が上がって上位表示されやすくなります。

 

では、どのようにリライトしたら満足してもらえるでしょうか?

 

まずパターンの改善方法としては、そのワードで実際に検索して「上位表示のブログを確認」してみて下さい。どのような記事が求められているかわかります。

 

そしてパクるのはいけませんが、同じような内容を追記して記事を肉付けしていきましょう。

丸写しは駄目ですが、参考にすることは悪いことではありません。今、世の中で主流なものは、最初に出されたアイディアをより良く改善したものばかりです。

 

次に無料の関連ワードツールを使いましょう。

キーワードツールを肉付けしていく際に特におススメなのは「Googleサジェスト」の部分です。ここは多くの方が検索しているワードが表示されます。

 

上位表示されていないのに表示回数が多いキーワードは、上位表示されているブログにこの項目が不足しているために表示されているパターンが多いです。

この部分を特に重視して記事を肉付けしていきましょう。

 

 

最後に

本日、ご紹介した記事のようにリライトしていくだけでも劇的に変わっていきます。特に表示回数が多いのにクリックされていない記事は勿体無いです。

 

必ずしも改善されて上位表示されるとは限りませんが、特にゲームの場合はアップデートなどで仕様が変更されたり、新しい情報が加わっていくので定期的にリライトは行って行きたいところです。

 

リライトを全くしないブログで安定的に食べていくことは不可能に近いと思います。一時的に良くても情報などが日々更新されていき、そのうち検索されなくなっていきます。

 

毎日やる必要はありませんが、それくらい重要なことです。

定期的にチェックしてメンテナンスをしていきましょう。