将棋に比べてeスポーツは流行らない2つの理由、同じゲームなのに何故?

eスポーツ

数日前、浜ちゃんこと元ファミ通編集長で現日本eスポーツ連合JeSU会長の「浜村弘一」さんのeスポーツが国内で復旧してない理由を述べたセミナーでの記事を見ました。

ざっくりと記事をまとめると「ゲームのイメージの悪さ」でeスポーツが国内に浸透していない事と、若い世代がeスポーツのゲームに興じていることから将来への期待が読み取れるという記事になっていました。

 

将棋も勝敗を競うゲームであり、eスポーツと似たような要素を持っています。更に最年少連勝記録を打ち立てた藤井壮太さんが大きく話題になり注目が集まったように日本で浸透している競技です。

しかし、プレイ人口はeスポーツが将棋よりも圧倒的に多いにも関わらず、世界大会で日本代表選手が優勝しても将棋ほど話題になっていません。

 

そこで、本日は、同じ娯楽であるeスポーツがなぜ同じゲームである将棋に比べて浸透していないのか記事にしたいと思います。

 

 

将棋に比べてeスポーツが流行らない理由

主な理由は沢山ありますが、浜村さんの意見と違った主な点を2つだけあげてみました。

 

歴史がなく抵抗があるため

将棋は日本に平安時代頃に伝来し、駒は最初は玉・金・銀・桂・歩の5種類だったことをご存知ですか?そもそも、日本将棋連盟は戦後の1947年に設立されており、歴史があります。

 

一方、eスポーツは2007年にようやく定義されたばかりで、日本eスポーツ連合JeSUは2018年2月に設立されたばかりです。

 

現時点でeスポーツが流行らないのは、これから浸透していく段階であって、そもそも歴史自体がないからです。日本では今年の2018年が「eスポーツ元年」と呼ばれているくらいです。

 

インターネットのような今では僕たちの生活に欠かせないものでも、最初は馬鹿にされていて、普及するまでには時間がかかりました。携帯電話などもそうです。

 

ちなみに日本で1963年にはじめてTVゲームのイベントである「アミューズメントマシンショー」が開かれてから、家庭用ゲームのファミリーコンピューターが誕生したのは1983年です。

TVゲームが日本で一般に浸透するのでさえ20年以上かかっています

 

eスポーツに限らず、新しいものにはどうしても抵抗が出てくるのは普通ですので、普及運動が開催されていけば、日本のeスポーツの浸透も時間が解決していくと思っています。

 

個人的には、昨年と比べてeスポーツのニュースが多く挙がる時点で、昨年とは大きく変わっていると思っています。

 

ユーキャン流行語大賞 eスポーツ

その一例として、2018年ユーキャンの新語・流行語大賞のトップ10に「eスポーツ」がランクインしました。大賞こそ逃したものの、eスポーツが国内で注目を浴びてきた影響を知ることができました。

eスポーツがなぜ流行語になるくらいまで到達したのかといいますと、今年はeスポーツ元年といわれるように業界関係者が頑張ってきて大会を開催したり、普及活動を進めてきたからです。

https://enotakagame.info/post-1162
お笑いの吉本興業など積極的にeスポーツの世界に参入してきています。

 

よくeスポーツをメディアが無理やり広めている感があるとも聞きますが、メディアは商売ですので閲覧のないものを取り上げることはありません

つまり、eスポーツに関心を持つ人が増えて、閲覧されつつあるので自然と取りあげられるようになってきただけです。

 

eスポーツ普及は若者から!?調査結果で関心度が高さが明らかに
株式会社テスティーが、男女2,970名を対象とした「ゲームアプリに関する調査」および男女2,016名を対象とした「テレビゲーム機に関する調査」を10~20代を対象に実施しました。 ゲームアプリの利用状況や家庭用ゲーム機の保有率...

実際、調査結果を見るとわかるように若者を中心にジワジワと人気を高めています。

 

国内eスポーツプロ選手の給料が少ない

一般的に棋士(プロ棋士)によって年収はかわりますが、全体的な平均としては年収700万~800万ぐらいといわれてます。現在プロ棋士(プロ棋士)は全国に160人程度の人がおり、最下位の方でも年収は400万程度といわれてます。 https://heikinnenshu.jp/other/kishi.html

ご覧のように将棋のプロ選手の平均年収は700~800万円ほどとサラリーマンの年収を上回っています。年棒1位は、羽生義治竜王で1億円ほどあります。

 

一方、eスポーツの国内年棒1位は、ときど選手で推定年棒2000万円となっており、プロ選手の平均年棒はサラリーマン以下になっています。

 

https://enotakagame.info/post-1606
以前の記事で書きましたが、現状の日本のプロゲーマーの多くは本業の収入だけで食べていくことは難しいようです。ゲーム配信やイベント等に参加して食いつないでいるプロが多く見られます。

 

逆に海外でeスポーツが浸透しているのは、圧倒的に稼いでいるプレイヤーが多数いるからです。ドイツのKuroKy選手1年で推定3億8千万円を稼いでいます。

 

資本主義社会なので仕方ない部分なのですが、「稼げないプロスポーツ=軽視される」という風潮があるのは、あなたもわかると思います。

 

ときどさん、ウメハラさん等が活躍している格闘ゲームや、ウイイレなどは日本も非常に強いのですが、大会賞金がLOLやDota2などに比べると低いので、どうしても年棒では見劣りしてしまいます。

LOLは現状は海外の方が強く、日本チームはそれほど目立たない状況にあります。

 

国内eスポーツの浸透には圧倒的に稼ぐプロのスター選手の登場は必須でしょう。