Switch版スーパーマリオパーティの初週売上が好調!PS4スパイダーマンも未だ堅調

マーベル・スパイダーマン

2018年10月5日に発売されたスイッチ版の「スーパーマリオパーティ」の初週売上が発表され、流石の1位という売上となりました。

2018年9月7日に発売されたPS4「マーベルスパイダーマン」も堅調です。

Switch版スーパーマリオパーティの初週売上が好調!

「スーパー マリオパーティ」14万2000本。「アサシン クリード オデッセイ」「ロックマン11」もランクインの「週間販売ランキング+」
 コンシューマゲーム市場の販売本数をお届けする「ゲームソフト週間販売ランキング+」。1位は「スーパー マリオパーティ」で,販売数は14万2000本。「アサシン クリード オデッセイ」や「ロックマン11 運命の歯車!!」といった新作タイトルもランクインしている。

新作のスーパーマリオパーティ(Switch版)の売上は142868本。

流石にマリオパーティと言った所ですね。

 

しかも、近年でのマリオパーティの中では最も大きな初週販売本数となりました。

発売日タイトル初週販売本数リンク
2015年3月12日マリオパーティ10 (Wii U)50,212本こちら
2016年10月20日マリオパーティ スターラッシュ (3DS)26,473本こちら
2017年12月28日マリオパーティ100ミニゲームコレクション (3DS)52,181本こちら

 

1人~4人まで遊べる新作ミニゲーム80本が収録されています。

 

Switch本体が持ち運びができて皆で遊びやすい点がありますので、みんなで遊ぶスーパーマリオパーティの売り上げがこれだけ増えたんでしょうね。

 

 

同じく新作で2018年10月2日に発売されたPS4のアサシン・グリード・オデッセイは2位で45,116本となりました。

 

 

驚くのはそのグラフィック。もう写真レベルですよね。

 

 

マーベルスパイダーマンも堅調

マーベルスパイダーマン(PS4)も堅調。

累計販売本数は、269,078本になりました。

 

発売から1ヶ月以上経ちましたが、こちらも非常に根強いですね。

 

以前、マーベルスパイダーマンのレビュー記事を書いたので良かったらご覧ください。

 

最近はゲームの進化を感じていまして、遊びたいゲームが増えてきています。しかし、それゆえに全てを遊ぶ事ができていない状態です。嬉しい悲鳴ですw