ゲームブログを最初から始めたばかりの現在の方針を書いてみます

ブログ作成のコツ

エノタカ(@enotakagame)です。

 

僕は現在ブログで食べれるようになり、個人事業主として独立し、日々ブログを書きながら生活しています。 >>自己紹介

 

そんな僕がこのゲームブログを書き始めて1ヶ月強がすぎました。そこで、現在のゲームブログの方針をシェアしたいと思います。良かったらご覧ください。

 

 

ゲームブログに対する考え方

あくまでも一例です。完成イメージなどは人それぞれだと思います。少なくとも最終的にどんなブログにしたいのかは、やる気の根源になり、できれば決めておくと良いと思います。

 

最終的にどんなブログにしたいかイメージ

僕がイメージしているこのゲームブログの最終形態は、多くの人にゲームの良さを伝えて、業界がより発展することです。そうすれば面白いゲームがどんどん出て、楽しむことができると思っています。

またゲームの良さを広げることで世の中にあるゲームに対する偏見みたいなものも無くせればと思っています。

そのために影響力を持てればと思っています。

 

個人的な予想では、このゲームブログで今のペースである程度の影響力を出せるのには、約2年ほどかかると思っています。

 

ゲームブログを最初から始めたばかりの時の方針

稼ぐことは考えない

業界が発展すれば後からついてきますので、このゲームブログでは稼ぐことは考えていません。そもそも、ゲームブログは書いている人が多いので、成熟するのには情熱があっても時間はかかるでしょう。

単にお金を稼ぎたいだけなら以前の記事で書いたように、他のジャンルの方が良いです。

 

最初は広く浅く

ゲームブログや記事などを見ると、以前の記事でも書いたように特定の企業やまとめサイトの記事が、例え、転載や空白だらけの中途半端な記事でも上位表示される傾向があります。

どうしてこんな事が起こるのかといいますと、個人ブログのような特定のジャンルを絞るよりも、広く浅く幅広く知りたいということが好まれているからです。

 

僕は1日4万アクセス以上のブログを4ヶ月でつくったのは以前の記事で挙げましたが、この時もそうでしたが、基本的には僕は長文タイプです。

 

しかし、現在のゲーム記事では、短文で広く浅くが求められていますので、長文でだらだら書くよりも今は量を重視しています。これは僕の書いてきたブログの中では、初めての試みなので実験的な要素もあります。

 

書き始めたばかりなので当たり前かもしれませんが、今の所はブログの閲覧も右肩上がりなので方針は間違っていないと感じています。

 

また、現在くらいの比較的短めの記事を書いていてわかったことなのですが、自分の思っていない記事が異様に閲覧が多かったりします。まさに何が当たるかわからない状況になっています。これはゲームの人口が増え、趣向が多様化し、好みも人それぞれだからでしょう。

 

何をもってゲームに興味をもつのかは人それぞれです。

少しでも興味のあるものは記事にしています。

 

例えば、僕はジャッジアイズの記事を書いていますが、キムタクが主人公役で出るから初めてゲームを買うというキムタクファンも世の中にはいらっしゃいます。

 

1つのゲームの枠だけで囚われていると、新しい層は呼び込めません。

従って、ゲーム業界も頭打ちになってしまいます。

 

本番は500記事以降

現在はあくまでも訪問者の興味を知ったり、テストを行いながら訪問者の傾向を探る準備期間と同じ位置づけとして考えています。

 

現在の150記事程度のブログでは、データがまだ十分ではないので、本番は500記事ほど書いてからデータを見て、文章を付け加えたり、リライトを開始する段階からだと感じています。

 

この頃から傾向を見て、記事のペースを落としても1記事あたりの文章量を増やす方針に変えるかもしれません。

 

現状では、1ページあたりの滞在時間が、かなり少ないなという印象です。

また、ページ離脱が高いという理由もあります。

直帰率が90%超えは僕の全てのブログの中と比較すると非常に高いですね;

 

データ次第ですが、記事を加えて厚みを増したり、閲覧のない記事を消したり、内部リンクを増やしていこうと思っています。

 

もっとも、初期は、検索エンジンに認知されておらず、データが少なすぎるので、それほど気にすることはないとも思っています。

 

最終的には

最終的には、好きなゲームや他のゲームブログなどを取り上げていき、盛り上げていければなと思っています。

 

影響力を持った際に考えているのは、まだくすぶっているこれからのゲーム企業の面白い新作ゲームを盛り上げていけたらなと、うっすらと感じています。

 

僕はゲームを遊んで30年以上になりますが、ここ最近では、スーパーマリオやドラクエなどのゲームを遊ばない人でも知っているような国民的なゲームが国内で生まれていません。

また、新しいゲームは毎日のように出てきているもののシリーズものしか売れないのか、過去作品の続編ばかりが目立ち、新しい作品が以前よりも目立って出てくる事がありません。

 

大手企業のものばかりでなく、小さな会社のゲーム業界の革命を起こしそうな、あまり知られていない面白いゲームを取り上げていけたらなと思っています。

 

これから先、新しい面白い国民的ゲームが生まれ、上手く影響力を生かすことができればと思っています。