SEGA AGES ファンタシースター、任天堂スイッチで2018年10月31日から配信開始

ゲームその他

2018年10月31日(水)からニンテンドーeショップにてニンテンドースイッチ用ソフト「SEGA AGES」シリーズの第2弾である「SEGAAGES ファンタシースター」が配信開始になります。

 

SEGAAGES ファンタシースター

SEGA AGESとは?

「SEGA AGES」はセガサターンで誕生し、これまでさまざまなハードで展開してきた復刻シリーズです。新たにNintendo Switch™向けとして完全リニューアルしています。

ニンテンドー3DS™向けで好評をいただいた「セガ3D復刻プロジェクト」に続き、有限会社エムツーが開発を担当。

可能な限りオリジナルを忠実に楽しめることはもちろん、魅力的な追加要素をタイトルに合わせて独自に盛り込むことで、クラシックゲームでありながらもより快適に、より魅力的なプレイを体験できます。

 

すでに「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「サンダーフォースⅣ」が2018年9月20日より配信されています。

 

今後もスペースハリアー、アウトライン、サンダーフォースACなど配信ソフトが次々と増えていく予定になっています!

公式サイト:http://archives.sega.jp/segaages/

 

どんなゲーム?

現在だとMMORPGのファンタシースターオンラインが有名ですが、この人気RPGファンタシースターシリーズのすべての原点となる第1作が「ファンタシースター」です。

1987年12月20日に発売され、30年以上続いているシリーズでもあります。

 

少女アリサと3人の仲間は、国王ラシークの陰謀を暴きアルゴル太陽系の平和を守るため、3つの惑星を舞台に壮大な冒険を繰り広げます。

とても少女に見えませんが、当時の女性はかなり大人っぽく描かれていました。当時はあまり見られなかったなめらかなアニメーションも話題になっていましたね。

 

エアポートに宇宙船が発着しロボットが行き交うSF世界と、剣と魔法でドラゴンと戦うファンタジー世界を絶妙に融合させたオリジナリティ溢れる世界観、3Dダンジョンや地上マップ移動、モンスターとの戦闘などあらゆるシーンがなめらかにアニメーションする華やかなグラフィックなど、RPGに新たな道を切り開いた作品となっています。

 


↑おっさん世代にしかわからないと思いますが、アリサも昔のままですね。

今作は、シリーズの原点であるセガ・マークⅢ/マスターシステム用のオリジナル版「ファンタシースター」を任天堂スイッチにて忠実移植しています。セガサターン版から追加されたひらがな混じり表記のモードや、低難易度化などを加えた快適プレイモードを搭載されています。

 

モンスターの名前、グラフィック、各種パラメータを調査したモンスター図鑑が搭載されています!星々の隅々、ダンジョンの奥までアリサ達と旅して、モンスター達と出会いましょう。

 

「ファンタシースター」世界の全マジック、全アイテムをリストできるようになっています。

全武器、全防具の名前、攻撃力・防御力、特殊効果、購入時金額、装備できるキャラクターなどもリスト化しており、ネットでぐぐらなくても、ゲーム途中でポーズメニューから気になるものをすぐに調べることができます。

 

3Dマップでプレイしつつ、画面内で2Dオートマッピングする機能を搭載。迷いやすい「ファンタシースター」のダンジョン難易度を低減させることができます。
(オートマッピング機能はオフにすることも可能です)

 


また、海外版ファンタシースターのFM音源化し、ミュージックプレイヤーを搭載、FMサウンドユニット対応版とPSG版を各19曲ずつ楽しむことができます。

 

概要

タイトル名

SEGA AGES ファンタシースター

 

ジャンル

RPG

 

配信日

2018年10月31日配信

 

価格

925円(税別)

 

プレイ人数

1人

 

購入方法

ニンテンドーeショップから購入できます。

詳細は「こちら」をご覧ください。