第10回 eスポーツW杯「鉄拳7」で日本が銀メダル獲得!国別総合で5位!

eスポーツ

11月9日(金)から12日(月)まで台湾高雄市で開催された国際eスポーツ連盟(略称:IeSF)主催の「第10回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」(※)にて日本が鉄拳7にて銀メダルの快挙を成し遂げました!

(※)国際eスポーツ連盟(International Esports Federation、略称:IeSF)が主催するeスポーツの世界大会で、第10回の今大会は37ヵ国がエントリーしました。公式種目は「Counter-Strike: Global Offensive」、「League of Legends」、「鉄拳7」の全3種目と、「モンスターストライク」がデモンストレーション競技に採用されました。

 

31カ国がエントリーした「鉄拳7」部門で銀メダルを獲得したのは日本の破壊王選手()。サウジアラビア代表のSora選手に決勝戦で4-5の僅差の負けでした。

本当にあと1歩、めちゃくちゃ惜しかったです。

それにしても会場の盛り上がり方と熱気が凄いですね!
日本でもこんな日が来るのだろうか・・・。

 

なお、破壊王選手はコメントで次のように述べていました。

「メダルは小学校のソフトボール大会以来だったのですが、このように頑張ってきた成果、結果が栄誉ある形になって頂けるのは嬉しいです!この大会を励みに、色々な大会に出場出来るよう頑張っていきたいです。」

 

 

eスポーツ世界大会で「モンスト」がデモンストレーション競技に決定!日本代表8名が発表!
11月9日(金)から12日(月)までの間、台湾高雄市で開催する「第10回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」に、デモンストレーション競技としてモンストこと「モンスターストライク」が採用されました。 「eスポーツ ...

また、上の記事でも記載したW杯のデモンストレーションに採用された競技「モンスターストライク」は日本が金・銀メダルをワンツーフィニッシュで獲得しました!

日本チームJAPAN REDが1位の金メダル、BLUEが2位の銀メダル

おめでとうございます!

 

↑チームJAPAN RED (リーダー)なんとかキララEL選手

 

 

●「第10回 eスポーツ ワールドチャンピオンシップ」日本代表成績まとめ●

【Counter-Strike: Global Offensive部門】
金メダル:フィンランド
銀メダル:スウェーデン
銅メダル:ルーマニア
日本:10位代表チーム:SCARZ Absolute

26カ国がエントリーした「Counter-Strike: Global Offensive」部門では、日本は10位と健闘しました。

【鉄拳7部門】
金メダル:サウジアラビア
銀メダル:日本
銅メダル:韓国
日本代表選手:破壊王

【League of Legends部門】
金メダル:韓国
銀メダル:マカオ
銅メダル:台湾
※日本から参加なし

【モンスターストライク】(デモンストレーション競技)
金メダル:日本(チームJAPAN RED)
銀メダル:日本(チーム JAPAN BLUE)

■国別総合順位■
1位:韓国
2位:フィンランド
3位:サウジアラビア

5位:日本
※公式種目による獲得合計ポイント。デモンストレーション競技は対象外です。


https://www.ie-sf.org/
順位、ポイントは上の通り

国別の総合順位では、公式2種目だけのエントリーにも関わらず、日本は参加37カ国の中で5位になりました。韓国は流石だなという印象ですが、日本も強化次第で十分上位に食い込めるレベルであることがわかりました。