国内eスポーツ大会「RAGE」のシャドウバース2019年予選大会を地方でも開催!

eスポーツ

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」にて、株式会社Cygamesが提供するShadowverse(シャドウバース)の採用が決定しました。

 

 

シャドウバース予選大会

RAGE Shadowverse 2019 Springにおいては、予選大会の形式を一新し、これまで実施してきた大規模な予選大会に加え、「店舗大会」「地方大会」を新たに開催されることが明らかになりました。

店舗大会は全国約30店舗、地方大会は富山、愛知、大阪、岡山の4地域での開催が決定しております。店舗大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの予選大会Day1参加権とDay1 1回戦不戦勝が、地方大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの交通費・宿泊費付き予選大会Day2シード権が獲得できます。

 

店舗大会や地方大会に参加された方も、予選大会に通常エントリー可能ですので、敗戦してしまっても諦めずに色々な大会に参加すればチャンスはあります!

 

今後、店舗大会、地方大会は順次拡大予定となっておりますのでご期待ください。

詳細は下記の詳細ページをご覧ください。

■店舗大会/地方大会詳細ページ
https://rage-esports.jp/information/rage_sv_2019_spring_entry_reg_sto

追加情報や試合情報に関してはRAGE公式サイト(https://rage-esports.jp/)、公式Twitter(@esports_RAGE)にてお知らせいたします。

 

RAGEとは?

「RAGE」とは、株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社が年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」です。これまで、「Vainglory」(Super Evil Megacorp社)、「ストリートファイターV」(株式会社カプコン)、「ウイニングイレブン 2017」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)、「Shadowverse」(株式会社Cygames)を競技タイトルとして採用しています。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げます。
公式サイト:     https://rage-esports.jp/
公式Twitter:   https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook:  https://www.facebook.com/eSportsRAGE/

 

シャドウバースとは?

7人の個性豊かなリーダーキャラクターから1人を選び、場に出て戦う「フォロワー」、即時効果を発動する「スペル」、能力が持続する「アミュレット」という、3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利という、スマートフォンで遊べる本格対戦型TCGです。

全世界登録者数2,000万人突破のサイゲームス代表作『神撃のバハムート』の美麗なイラストがカードとして登場し、初期段階でリリースされるカード数は400種類以上にのぼります。また、『神撃のバハムート』特有の“進化”のシステムも継承。すべてのフォロワーが進化可能になっており、バトル中の進化の使い所が、戦局を大きく左右します。

■公式HP:https://shadowverse.jp/

■公式Twitter:@shadowverse_jp

■公式Webラジオ:http://ch.nicovideo.jp/shadowverse-channel

 

■ゲーム概要
タイトル:Shadowverse
配信開始日: iOS 版、Google Play 版  2016年6月 17日
開発・運営:株式会社Cygames
対応端末:iOS8.0以上の端末、Android4.1以上の端末
日本語版ダウンロードURL(※英語版は日本からは利用不可)
AppStore(iOS) :https://itunes.apple.com/jp/app/id1050059017?&mt=8
GooglePlay(Android): https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.cygames.Shadowverse