TGS2018 「バイオハザード RE2」実機プレイ動画が公開!めっちゃ怖い・・・

バイオハザードシリーズ

2018年9月20日、東京ゲームショウ2018カプコンブースで,2019年1月25日の発売が決定している「バイオハザード RE2」(読み方はバイオハザード イーアルツー)(PS4,Xbox One、PC版)の実機プレイが行われました。

任天堂スイッチ版の発売予定は今のところないようです。

 

 

 

TGS2018 「バイオハザード RE2」実機プレイ!レオン&クレア編の動画

 

左からファミ通編集局の林氏、バイオRE2プロデューサーの平林良章氏、ファミ通のででお氏

 

実機プレイは、ででお氏が行い、平林氏による解説が行われました。

 

小売店や業界関係者しかいないビジネスデイ初日にも関わらず、整理券が配られ、キャンセル待ちの状態におちいったということです、

 

実機プレイ動画はこちら↓

TGS2018の実機プレイでは、レオン&クレア編が公開。

こちらはTGS2018のカプコンブースの試遊台でも遊べるものになります。

サムネイルで既に怖いですw

 

 

実機プレイ動画を見て感じたこと

ウエット&ダークネス

今作のデザインのコンセプト(概念)はウエット&ダークネスというテーマがあるそうです。

水のウエットと、怖さのダークネスということだそうです。

動画では雨に濡れているウエット感がよく表現されていました。

 

薄暗さが怖さを引き立てます。

見えないところから音も鳴ります。

・・・これも怖いんですよね。

 

真っ暗な部屋に電気がつけられると謎の安心感が出てきます。

 

画像小さめ(クリックで拡大)

しかし、明るくても怖い・・・。

 

ゾンビに襲われたり、生存者に助けられたりと、そのギャップからより怖さや安心感が引き立ちます。

 

 

原作通りの懐かしさも

今回のバイオハザードRE2は「再新作」という位置づけですが、原作のバイオハザード2にあった懐かしの要素も引き継がれています。

 

セーブはもちろんタイプライター。

1人称の視点なども相変わらずです。

 

リメイク版オリジナル要素も

バイオハザード2には無かったトイレなどがリメイク版では追加されています。

バイオハザードは20年間トイレが無かったようですねw

 

上画像の左の黒人警官マービン・ブラナーは原作のバイオハザード2に出てきます。

 

しかし、出会い方が本編とは違っています

原作とはストーリーが違っている分、原作のポイントはおさえつつ出会い方も違うようです。

 

バイオハザード2の原作にはなかったガンパウダーという素材などもRE2には登場します。

ガンパウダーはバイオ3や7にあった素材ですね。

 

バランスが絶妙

ファミ通のででお氏はかなりバイオシリーズをやりこんでいると言うことでしたが、所見でボスに負けてしまい、実機プレイ動画は終わりました。経験者でも初回のボスで死亡とかなり難易度はありそうです。

なお、平林さんによると上手くやればナイフのみで倒すことも可能なほど絶妙なバランスに仕上げているとか。

 

 

バイオハザードRE2の特徴

バイオハザードRE2の気になる特徴などをまとめてみました。

 

再構築されたリメイク版

バイオハザードRE2は、バイオハザード2のリメイク版になります。

しかし、リメイク版でありながら20年の時を経て再構築された「再新作」という位置付けになっています。

 

プレイ人数

バイオハザードRE2のプレイ人数は1人。

 

D指定とZ指定の違い

バイオハザードRE2には17歳以上対象のD指定18歳以上対象のZ指定があります。

 

D指定が規制あり、Z指定は規制なしになります。

規制といっても年齢が1つしか違わないほどの違いで、ゾンビをロケットランチャーでぶっ放した時など部位欠陥が起きるか起きないかの違いの差などがありそうです。

 

価格の違いはありません

D指定

Z指定

Z指定の方はより過激な内容になっています。

 

 

バイオハザードRE2の海外と国内の反応

海外

海外でRE2が発売されると発表された際の反応です。

喜びすぎw

 

国内

 

キングダムハーツ3の発売日も1月25日っていうw

 

 

バイオハザードRE2 PV

 

バイオハザードRE2の発売日は2019年1月25日です。

楽しみですね!