劇場版Fate[HF]動員,興行収入が週末ランキングで1位!

ソーシャル(スマホ)ゲーム情報

2019年1月12日(土)より全国131館にて公開中である劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅱ.lost butterfly。

この度、1/12(土)、1/13(日)の2日間動員276,795人、興収490,506,195円を記録し、動員・興行収入共に前作の第一章の週末成績を上回り週末のランキングにて【1位】を獲得する、大ヒットスタートを切りました。

 

 

Fate/Grand Orderとは?

「Fate/Grand Order」は、TYPE-MOONが手がけるスマートフォン向けRPG(ロールプレイングゲーム)です。

 

TVでもおなじみ、TYPE-MOONがおくるFateのRPG!
スマホでも本格的なRPGが楽しめます。

文字数にして100万字超という、圧倒的なボリュームを堪能できるストーリー!
本編以外にもキャラクターごとにストーリーを用意し、Fateファンも今回はじめてFateの世界を体験される方も十分満足いただける内容となっています。

未来が失われた世界でプレーヤーはマスターとなり、英霊(サーヴァント)と呼ばれるキャラクターたちを従えて過去へ遡り、聖杯探索(グランドオーダー)と呼ばれる旅に出ます。

制作にはTYPE-MOON 武内崇さん、奈須きのこさんをはじめとする豪華クリエイター陣が参加し、また、作品を彩る豪華声優陣が集結しました。

 

1500万DLを突破!1月8日(火)18:00~ アップデートが行われました。

 

劇場版Fate,動員・興行収入で週末ランキング1位獲得!

下記実績にて、週末ランキング動員・興行収入共に1位を獲得しています!

第一章の247,510名 / ¥413,058,040と比較いたしますと、動員比:約112%、興収比:約118%と、前作からアップしております。
 
土日2日間 動員 276,795人 興収 490,506,195円(1/12(土)、1/13(日))
累計成績   動員 363,080人 興収 602,841,741円(1/14(月)時点)
 
また、「ぴあ映画初日満足度調査」にて、本作が第1位に選ばれております。
「ぴあ映画初日満足度1位    92.3点 」 1月12日ぴあ調べFilmarksの「初日満足度ランキング」でも、第1位にランクインしていました!

「Filmarks調べ 映画初日満足度ランキング第1位(1月第3週)」
https://filmaga.filmarks.com/articles/2542/

 

 

最終章の公開が2020年春予定に決定!

本作の最終章に当たる第三章、劇場版「Fate/stay night [Heaven‘s Feel]」Ⅲ.spring song の公開が、2020年春予定であることを、本編後の予告パートにて解禁されています。

 

 

第2週目来場者特典解禁!

第2週目来場者特典は、「ufotable描き下ろしクリアポスターファイルⅠ」(全3種)に決定しました!詳細は上動画をご覧ください。

第3週目以降の来場者特典につきましても、順次解禁するとのことです。

ポスターファイルの全3種を以下にご紹介します!

#1 パワー・ゲーム

 

#2 まもるべきもの          

 

#3 レイン

 

 

来場者特典『劇場来場特典「Fate/Grand Order」 ufotable描き下ろし概念礼装』

上映館にて「Fate/Grand Order」のアプリを起動すると劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]公開記念キャンペーンとして、劇場来場者限定の概念礼装をプレゼント!

対象期間、内容は下記となります。
https://www.fate-sn.com/novelty/

 

<2週目>概念礼装「闇夜の邂逅」
2019年1月19日(土)0:00~1月25日(金)23:59 

※画像は開発中のものになります
※各映画館に営業時間外の立ち入りはできません。

 

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅱ.lost butterfly作品情報

作品タイトル:劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」Ⅱ.lost butterfly
 
公開日: 2019年1月12日(土)全国ロードショー
公開館:131館
 

キャッチコピー:

少女の願いは静かに、爛れ、散りゆく――
イントロダクション:
それは、手にした者の願いを叶えるという万能の願望機――「聖杯」をめぐる物語を描いたヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』。
その最終ルート[Heaven’s feel](通称・桜ルート)が全三部作で劇場版アニメ化される。
アニメーション制作は2014年にTVアニメ版[Unlimited Blade Works]を手掛けたufotable。キャラクターデザイン・作画監督として数々のTYPE-MOON作品のアニメ化を手掛けてきた須藤友徳が監督を務める。
2017年に公開された第一章[presage flower]は98万人を動員し、大きな話題に。興行収入も15億円を記録した。第二章は、三部作の分岐点を描く最重要エピソード。その全三章で贈る[Heaven’s feel]の運命の岐路――第二章[lost butterfly]が飛翔する。
 

ストーリー:

俺の戦うべき相手は――まだこの街にいる。

少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉 が願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。

10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。

マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。

「約束する。俺は――」

裏切らないと決めた、彼女だけは。

少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

 

メインスタッフ:

原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一       
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
主題歌:Aimer
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス
 

メインキャスト:

衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン: 稲田徹
 

主題歌:
Aimer:「I beg you」
 

公式サイト:http://www.fate-sn.com/
公式ツイッター:@Fate_SN_Anime