TGS2018、観客動員数が過去最大も子供連れのファミリー遠のく

ゲームニュース

先日の2018年9月23日、国内最大のゲームイベントである東京ゲームショウ2018が千葉県の幕張メッセで閉幕しました。

 

出展社、ブースの数ともに最大規模

2018年は、出展社数668、出展ブース(小間)の数が2338、ともに過去最大を記録。

イベントを主催するコンピュータエンターテインメント協会(CESA)および共催の日経BPの発表によれば,4日間の来場者総数は29万8690人で,過去最高を記録したとのことです。

 

TGS2018、観客動員数が過去最大

東京ゲームショウ2018(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA、会長:早川英樹]、共催:日経BP社 [代表取締役社長:新実 傑]、会場:幕張メッセ/以下、TGS2018)は、9月20日(木)から23日(日)まで開催され、会期4日間の総来場者は歴代最多の29万8690人となりました。

https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/common/pdf/0923/WEB180923_jp.pdf

↑TGS2018来場者等に対する報道関係者向けの発表

 

今年は過去の歴代シリーズ期待の新作が多かったことと、eスポーツ元年と言われているくらいeスポーツに注目が集まっている状況も反映されていると感じています。CESAは,国内のeスポーツへの取り組みが大きな注目を集めたのではないか?と伝えています。

 

ファミリー動員、遠のく

過去最高の動員数を達成した一方で、またもや親子連れのファミリー数が減少しました。

親子連れファミリー数が減少している要因として、ここ最近の東京ゲームショウでは、際どいゲームコスプレイヤーやコンパニオン等、年々過激になっており、子供に悪影響を及ぼすと考えられている事が原因かと思われます。

このためか任天堂は東京ゲームショウには出展していません。

 

「東京ゲームショウの主役はコンパニオンではない」 ゲーム会社社長が怒る理由とは?

近年、東京ゲームショウのあり方が問題に挙がっています。

コンパニオンは、観客動員数を挙げる要因にはなっているものの、ゲームが主役であることは各出展社の方々には理解して欲しいと僕も感じています。

 

東京ゲームショウ2018年のより詳しい来場者報告は、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の『東京ゲームショウ2018』来場者調査報告書」にて発表されます。平成30年11月上旬の発刊が予定されています。