PC版「アサシン クリード クロニクル チャイナ」が無料配布!2月11日まで期間限定

ゲームその他

ファークライや、アサシングリードシリーズを発売していることで有名なUbisoftが、中国の旧正月(2月5日(火))を祝い、PC版の「アサシン クリード クロニクル チャイナ」が無料配布するというセールが開催されています。

 

セール期間:2月11日まで

セール会場はこちら

 

※セール品

■Ubisoft Store ルナニューイヤーセール(2月11日まで開催)

『アサシン クリード クロニクル チャイナ』:0円(100%OFF)
『レインボーシックス シージ(通常版)』:1,296円(75%OFF)
『スティープ (通常版)』:970円(75%OFF)
『ファークライ5(通常版)』:2,644円(66%OFF)
『Far Cry (英語版 Standard Edition)』:518円(60%OFF)
『アサシン クリード オデッセイ(通常版)』:4,536円(50%OFF)
『ザ クルー 2(通常版)』:2,333円(70%OFF)
『Assassin’s Creed Syndicate(英語版 Standard Edition)』:1,555円(70%OFF)など

 

セール期間中に無料で購入できる「アサシン クリード クロニクル チャイナ」は、市場が大きい中国向けにつくられた、いわゆる中国版のアサシンクリードといったところでしょうか。

 

’’チャイナ’’ということで中国が舞台の作品です。
グラフィックは、アサシングリードオデッセイと比較すると、かなり微妙です。

 

何となく風景画を見ているような感覚になります。
好きな人は好きだろうなというグラフィックですね。

 

戦闘は意外とよく出来ていて、弱攻撃、強攻撃、ガード。回避、ガードから敵の背後に回り込むなどわりと複雑な操作が可能です。また、ゲームを進めていくと滑り込みながら攻撃する暗殺術など新しい操作も可能になります。

ただ、どうしてもアサシングリードと比較してしまうのですが、操作性の悪さは感じました。

 

的のAIは、プレイヤーが梯子(はしご)の上に逃げていくのを見ても登ってこず、はしごの下を捜索し続けるというレベルです。

オデッセイと比較すると大きな差がありますが、無料でアサシングリードの外伝とわりきってしまえば、そこそこ楽しめる作品だと思います。

 

セールページ:https://store.ubi.com/jp/lunar-sale

セールは2月11日で終了します。