PS4ジャッジアイズのプレイスポット(ミニゲーム)「ドローンゲーム」が公開!めっちゃ凝ってるぞ!

ジャッジアイズ:死神の遺言+龍が如くシリーズ

キムタクこと木村拓哉さんがゲームの主人公で話題のPlayStation4ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」が2018年12月13日(木)発売予定です。

先日、行われたTGS2018でミニゲームの1つである「ドローンゲーム」が紹介されました。

 

 

ジャッジアイズのプレイスポット(ミニゲーム)

ドローンゲーム

簡単に説明すると神室町(※)の中をドローンで飛んでまわるレースゲーム。

(※)神室町とは、ジャッジアイズのゲーム内の架空の都市。東京都新宿区歌舞伎町をモデルにしています。

 

ドローンは本作のストーリー上で度々登場しますが、名越監督いわく、このままでは勿体無いのと、リアルで街中を飛びまわすことは難しいのでゲームの中で再現したかったとのことで、是非やりたいと思ったそうです。

 

ドローンレースのコースはゲーム本編では10コース存在するとのこと。

各コースに特徴があり、ドローンマシンの特徴により、優劣が変わります。

練習用シングルプレイだけではなく、F-1のような年間王者を決めるコースもあるようです。

 

操作方法などは確認できるようです。

 

ドローンのカスタマイズも出来るようです。

機体の色を変えたり、パーツをカスタマイズして性能を強化する事もできます!

 

 

店舗が立ち並んだ街中(神室町)でレースが始まります。

観客も応援しています。

 

路上に表示されるピンクの矢印や、左側の周回マップで始めてでも迷うことは無さそうです。

 

青い丸の中に入るとドローンが加速します。

 

黄色い四角の中(写真右)に入ると・・・何かが起こるようです。

ただのレース上ではなく、様々な要素がありそうですね。

 

釣り電球も障害物に・・・w

なお、接触により、ドローン自体が壊れてしまうこともあるようです。

 

ランキングにはインターネットランキングがあり、全世界のプレイヤーと記録を競うことができます。名越総監督のことですので、世界戦のカップなどを開催するかもしれませんね。

 

ミニゲームとはいえ、非常に完成度が高い印象です。

名越総監督によると、ドライブゲームでできる事は大抵の事ができてしまうそうです。

 

 

その他

VRすごろく

サイコロを振って10回以内にゴールにたどり着けばクリアという単純明快なゲーム。

ジャッジアイズでは最もお金が稼げるプレイスポットが「VRすごろく」ということです。

 

ピンボール

デジタルピンボール『PINBALL PARLOR』

真新しさもありながらレトロ感も感じられる台ですね。

 

その他いろいろ

その他にもミニゲームが多数!3D対戦格闘「ファイティングバイパーズ」とバイクレースゲーム「モーターレイド」の収録なども決定しています。

 

 

ジャッジアイズトレーラー動画

 

ジャッジアイズに出演していたピエール瀧さんが麻薬所持で逮捕されたために自主規制となり、動画が消されてしまいました。

自主規制に関してはセガ公式から発表されています。

こちら」から確認できます。

 

 

ジャッジアイズ絶賛予約受付中

現在、Amazonなどで受付中!発売が楽しみですね!