Apex シーズン4開催へ!ランクシリーズ3では旧マップ復活も!

Apexlegends シーズン4APEX LEGENDS

2020年の2月5日深夜AM3:00より、いよいよApexLegendsのシーズン4が開催されます!

正確なシーズン4の開始日時がわからなかったのですが、PS4に記載されていました。

なお、シーズン3は2月5日の深夜AM2:00、つまりシーズン4が始まる1時間前まで続くようです。

 

シーズン4では新レジェンドなどが楽しみなのですが、それと同時に本作のランクリーグのシリーズ3が開催されます。

 

 

シーズン4/ランクシリーズ3の変化

これまでのシーズン3のランクシリーズ2までと今回のランクシリーズ3の主な変化を書いていきます。

ランクリーグのシリーズ3の期間は約3か月(2020年2月4日~5月5日)となります。

途中抜けのペナルティ、マッチ参戦所要RP、キルや順位により加算されるポイントなどは前回のランクリーグシリーズ2と同じです。

 

マップの切替え

3か月の期間中で1度だけ戦場が変わります。

シーズン1、2でお馴染みの旧マップ「キングスキャニオン」、シーズン3からのマップ「ワールドエッジ」の2つです。

・ワールドエッジ・・・2月4日頃~3月24日頃まで

・キングスキャニオン・・・3月25日頃~5月6日頃まで

エノタカ
エノタカ

上の画像では2月3日と記載されていますが、日本時間にすると2月4日の深夜からで1日遅れかと思われます。

 

シーズン3の期間限定イベントの大晩餐会で戦ったキングスキャニオンでまた戦えるんですね。

好きなエリアだったので嬉しいですw

 

マスターティアの追加

プレデターとプラチナの間に新たなマスター(MASTER)というティア(階級)が追加されました!

マスターティアの追加

マスターまではRP10,000で到達になります。

Apexプレデターは、対象機種(※)ごとに上位500のプレイヤーのみに限定、人数制になります。

(※)記事作成段階では、PC・PS4・XboxOneで500人ずつとなります。

 

そのため、他のプレイヤーがRPで数値を上げ続けると、Apexプレデターからマスターにあっという間にランクダウンします。

Apexプレデターに達して維持することが今まで以上の達成感を得られるものになるでしょう。

 

なお、マスターの参加費用はプレデター同様の60RPです。

 

プラチナ以上はティア差を1へ

これまでフレンドとランクリーグに挑めば好きなランク帯に参加することができましたが、より緊迫感を出すためにプラチナランク以上ではティア差を1に制限されました。

例えば、プラチナ帯でブロンズ、シルバー、マスター、プレデターは参加できません。

ランク帯参加できないティア
ブロンズなし
シルバーなし
ゴールドなし
プラチナブロンズ、シルバー、マスター、プレデター
ダイヤモンドブロンズ、シルバー、ゴールド、プレデター
マスターブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ
プレデターブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド

 

アシストの調整

アシストが加算されやすくなりました。主な変更点は以下です。

・アシストタイマーが5秒→7.5秒に変更。

・回復アイテム(注射器やシールドセルなど)を使用中にマッチが終了すると、アシストとしては記録されなかったものがされるように修正されます。

・ミラージュのデコイ、クリプトのEMP、パスファインダーのグラップルは、ダメージを与えなくても発動後7.5秒間はアシストとして記録されます。同様にブラッドハウンドのスキャンとクリプトのパッシブ能力は、ステータス効果期間中、または効果が切れてから7.5秒の間にキルが確認された場合はアシストとして記録されます。

 

ダイブ軌道

シリーズ1または2でダイブ軌道を獲得したプレイヤーは該当のダイブ軌道を今後も保持することができますが、今シーズン(3)から獲得したダイブ軌道はシーズン終了後は使用不可となります。

この変更によってプレイヤーのダイブ軌道を見れば、前のシーズンでどのランクに到達したのかすぐに知ることができます。