Apexランクマ攻略!初心者必見!!勝てない人にありがちなこと

apex ランクマッチAPEX LEGENDS

人気バトロワ「ApexLegends(エーペックスレジェンズ)」のランクマ(ランクマッチ/ランクリーグ)に関する記事を書いていきます。

カジュアルとはまた違う、駆け引きのある熱い戦いを楽しむことができます。

またその違いからランクリーグで勝てない初心者にありがちなことを書いて見たいと思います。

※公式の仕様変更次第、随時記事を修正する予定です。

ランクリーグとは?

ランクリーグは、他のプレイヤー層との実力差がわかる、階層性のランキングシステムを通して実施されたものです。

つまり、ランクリーグは「エーペックスレジェンズ」のあなたの正確な実力を知ることができるようにするためにつくられたモードです。

 

ApexLegends ランクティア

ランクティア(階級)はブロンズ>シルバー>ゴールド>プラチナ>ダイヤモンド>マスター>Apexプレデターの6つにわかれています。

各マッチで獲得したランクポイント(RP)を獲得して昇格し続け、最高ランクであるプレデターを達成することが目標になります。

 

Apex シーズン4開催へ!ランクシリーズ3では旧マップ復活も!
2020年の2月5日深夜AM3:00より、いよいよApexLegendsのシーズン4が開催されます! 正確なシーズン4の開始日時がわからなかったのですが、PS4に記載されていました。 なお、シーズン3は2月5日の深夜AM2:00、つ...

シーズン4からマスターのティアが追加されました!

 

昇格までに必要なポイント

最初はブロンズランクから始まります。

ランク昇格参加ポイント(RP)
ブロンズ0RP
シルバー1200RP
ゴールド2800RP
プラチナ4800RP
ダイヤモンド7200RP
マスター1000RP
Apexプレデター各機種上位RP500名のみ

ブロンズ~ダイヤモンド帯は更にⅠ~Ⅳのランクにわけられています(Ⅰ>Ⅱ>Ⅲ>Ⅳ)

 

例えば、ブロンズランクの場合、ブロンズⅣから始まります。

獲得ポイント300PでブロンズⅣ→ ブロンズⅢに昇格、

獲得ポイント600PでブロンズⅢ→ ブロンズⅡに昇格、

獲得ポイント900PでブロンズⅡ→ ブロンズⅠに昇格、

獲得ポイント1200PでブロンズⅠ→ シルバーⅣに昇格していきます。

 

 

参加ポイント

各マッチに参加するためにはランクにより「RP(ランキングポイント)」を消費します。

各ランクの参加RPは以下の通りです。

ランク必要参加ポイント(RP)
ブロンズ0RP
シルバー12RP
ゴールド24RP
プラチナ36RP
ダイヤモンド48RP
マスター60RP
Apexプレデター60RP

最初のブロンズは0Pなので誰でも参加できます。

 

獲得ポイント(RP)について

ランクマッチの成績により、下表のような獲得ポイントを得ることができます。

順位11+10987654321
RP0

10 

20304060100
キル/アシスト倍率1012152025

※キル/アシスト倍率は、最大5キル/アシスト

アシストは敵が倒される5秒前にダメージを与えていた時が条件です。

 

キルで獲得できる最大RPは5キル

6キル以上は、5キルと同じで変わりません。

この仕様を見ると、真の実力者はキル能力だけではなく、上位に食い込む生存能力も重視しているという開発側の意図が見られます。

 

必要昇格ポイント(RP)

各ランクに昇格するためのポイントは以下の通りです。

ランクブロンズシルバーゴールドプラチナダイヤモンドマスターApexプレデター
必要RP0120028004800720010000RP上位500位以内

ブロンズからダイヤモンドは更にわけられていてⅠ~Ⅳ(数字が少ない方が上位)があります。

 

なお、ゴールドからシルバー、ダイヤモンドからプラチナなどティア降格はありませんが同じティアなら降格することがあります。

例えば、プラチナⅢ→プラチナⅣ、ダイヤモンドⅡ→ダイヤモンドⅢのような降格は起こります。

 

しかし、プラチナⅣ →ゴールドⅠ、ゴールドⅣ→シルバーⅠのようにティア降格はなく、敗北免除システムを採用されています。

これは、プレイヤーは仲間が戦闘を離れたり、制御できない技術的な問題が発生した場合でもRPペナルティを受けることはありません。

 

参加方法

参加モードをランクリーグに切り替えて参加できます。

 

リセット時期

ランクリーグには「シリーズ」という開催期間が設定されています。

例えば、最初のランクシリーズは2019年6月から9月まで開催されていました。

 

各ランクの割合と分布

ランクマッチの各ランク帯はどれくらいいるのでしょうか?

2019年9月10日段階の公式の発表の段階では、ランクモードを5時間以上遊んだプレイヤーのランク分布は以下の通りであることがわかりました。

ブロンズ:5.1%
シルバー:40.0%
ゴールド:35.7%
プラチナ:16.8%
ダイアモンド:2.1%
Apexプレデター:0.2%

ダイヤモンドやプレデターは、ほんの一握りしかいないことがわかっています。

※この時期はマスターランクは存在していませんでした。

 

報酬

各ランクに昇格した場合の報酬を記載します。

シーズン終了時には到達ランクに応じてゲーム内報酬が手に入ります。

ランクブロンズシルバーゴールドプラチナダイヤモンドマスターApexプレデター
報酬バッジバッジバッジ
武器装飾
バッジ
武器装飾
バッジ
武器装飾
バッジ
武器装飾
ダイブ軌道
バッジ
武器装飾
ダイブ軌道

 

プレデター軌道は雷のような閃光を発して落下することができます!

めちゃめちゃカッコいいですね。

このダイブ軌道のプレイヤーをみたらプレデターランクのプレイヤーなので、交戦するとハードな戦いが楽しめます。

落下直後の武器、防具が揃っていない段階なら実力差があっても勝てるかもしれませんw

 

 

Apexランクマッチ攻略!立ち回りなど

ランクマッチは通常のカジュアルマッチとは、同じゲームですが別ゲーのような立ち回りになります。

そこで、ランクマッチを攻略すべく、立ち回りなどを記事にします。

 

・引く判断(生存重視)

例えば、仮に開幕で味方が2人やられてしまい、残り自分1人になった場合、敵の数が多く復活が難しい場合は見捨てるという判断力と勇気も必要です。

「見捨てるのはヒドいじゃないか!」と思うかもしれませんが、自分がやられてすぐに全滅してしまうと味方も大きなマイナスのポイントになってしまいます。

特に上位ランクになればなるほど敵も上手いので、数的不利は致命的です。

 

ランクリーグで勝てない人にありがちなことはカジュアル(通常マッチ)同様の動きをするからです。

 

Apexのランクリーグでは上位にいるだけでプラスのポイントが加算されていきます。

たった1人でも生き残ることでチームに貢献できるわけです。

最高ランクのプレデターであっても2位以内に入れば0キル、0アシストでもRPのマイナスはありません。

 

ランクマッチでずっとⅣのままの方は、どんな状況でも味方をサポートしたり、救いにいって開幕近くで全滅して死んでしまうことが多いかと思われます。

 

ランクマッチでは上位に入ることが重要です。

カジュアルとは違い、ダウンされたら基本的に助けはこないと思ってください。

 

ランクマッチでは数的不利な状況では引くことも考えると良いでしょう。

 

数的不利な状況を打破したいのであれば、カジュアルマッチで練習した方が良いでしょう。

エノタカ
エノタカ

仲間を助け出すことは理想です。しかし、上位に食い込んで仲間にプラスポイントをゲットさせることがランクマで最も貢献することになります。

 

 

・開幕で敵がいない所に落下する(すぐに死なない)

死なないために開幕で被らないことは、非常に重要な要素です。

結構ガチの話で開幕で被るとマイナスポイントで終わる確率が高くなります。

開幕は武器、防具の運次第で実力によらず負ける事があります

 

他の部隊がいない場所に落ちる事が理想です。

せめて自分の部隊を含め、他一部隊くらいの場所に落下しましょう。

 

もしも2PT以上いる場所に落下したら、その場を離れる事も考慮にいれると良いでしょう。

 

 

 

・漁夫に注意する

ランクマッチでは漁夫が多いです。

つまり、部隊同士が戦っていて消耗している所を更に別の部隊が狙ってきます。

 

基本的にランクマッチでは積極的に交戦する人が少ないのですが、そうなると装備が揃わないことも多いので漁夫狙いが非常に多くなるわけです。

 

ここで自分たちも漁夫を狙うわけですが、注意したいのはその漁夫の更に漁夫を狙ってくるチームがいるかも知れないという点です。

漁夫をしてゆっくり漁っていると更に漁夫にきたチームにやられることもあるのでご注意ください。

 

 

・孤立しない

カジュアルでは序盤の物資漁りなどが被るのを嫌がり、バラバラにばらけて物資漁りなどをするパターンが良くありますが、ランクマッチは別です。

多少被っても数的不利になるよりはマシです。

 

極力、味方をカバーできる位置にいて孤立しないようにしましょう。

特に上位ランクになるほど相手も強いので、数的不利は致命傷になります。

 

 

・固定PTでチームを組む

野良でApexプレデターまで進めた方もいますが、初めてのメンバーで味方のプレイスタイルが良くわからない状態で息をそろえて戦うことは非常に難しいです。

よって、勝率を上げたいならチームを組んでチームワークを高める練習をして勝率を上げていくことがプレデターへの近道でしょう。

 

固定PTは、例えば、ツイッター上のハッシュタグ「#Apex募集」「#ApexLegends募集」等で固定メンバーを探すことができます。

 

ただし相性というものがあります。成績が良くなっていかなければ断る勇気も必要です。

悪い状況で続けても苦痛になるだけです。

 

ここらへんは気持ちよくできる人か?仲が良いか?というよりも、悪い言い方になるかもしれませんが、成績が良くするためのメンバーを選んでいくことになります。

 

いま売れているお笑い芸人さんも売れるために相方を何度も変えている人がいるくらい勝つためには感情ではなく、メンバーとの相性も重要です。

 

かつての大御所芸人の島田紳助さんも「売れるために俺に必要な人物を探した」と述べています。

 

 

・安置に素早く移動して有利ポジションをとる

かなりの上級者向けですが記載します。

 

現在のApex世界1のチームは、5連覇を達成したTSMです。

彼らが安定して優勝、上位に食い込めるのはその見事なまでのポジショニングにあるとプロのコーチは解説しています。

リング外からの移動は、安置が狭まることから後半になればなるほど不利になります。

具体的には、高所、建物の中などです。

あらかじめ安置の有利ポジションをとってしまえば、リング外から移動してくる敵をハチの巣にするだけです。

下の「ランクマッチ上級者、世界の頂点を目指す方向け」の項目をご覧ください。

 

 

ランクマッチの戦い方の参考動画

ランクマッチの戦い方の動画は数々ありますが、特に良かったものをいくつかご紹介します。

 

自分のランクリーグの動画を撮ってみました。

プラチナ帯の時のものです。

プラチナぐらいまでのランクの方は参考になると思います。

2人が途中で脱落しましたが、何とか勝利できました!

生きていれば数的不利でも勝てるチャンスもあります。

こういうことがあるのでランクマッチでは生存が非常に重要です。

 

正直、野良だと連携が取りづらく厳しい戦いも多いです。

その野良でApexプレデターまで行った方なので説得力がありますね。

僕もカジュアルでは練習も兼ねて、きつくてもほぼ100%蘇生にいくのですが、これらの動画を見てランクマッチでは引くようになりましたね。

引くことを覚えるだけで成績が圧倒的にかわります。

 

ランクマッチではなく世界大会で、プロ達の戦いはレベル自体が違うので参考にならないかもしれませんが、勝つためにはどうしたら良いかを知ることができます。

 

全ての動画で確実に言えることは、防御(生存)を重視しているということです。

恐らく、普段の戦いではこれほどラウンドが進んでも多数の部隊がいたり、ワットソンの電気フェンスの防衛ラインがはられている事は少ないのではないでしょうか。

 

【Apex】レジェンド構成、世界大会でわかった最強組み合わせはこれだ!
先日、2019年9月13日~16日(日本時間)にポーランドでApexLegendsの世界大会「Apex Legends Preseason Invitational」が開催されました。 大会ページは「こちら」 そして、この世界大会の決勝...

また、現在の有利レジェンドであるレイス、パスファインダー、ワットソンを使い有利に戦いを進めていくと好成績をおさめる確率が上がることもわかります。

最近の世界大会ではジブラルタルも良く見られますね。

 

プロは少しでも勝率を上げるために最高のレジェンドの組み合わせを試行錯誤で試しているかと思われます。

最新の世界大会を見れば、現状のレジェンドの強弱も知ることができるでしょう。

 

【Apex】賞金総額3億円以上の世界大会開催へ!参加方法は?
公式よりApex Legendsのファンおよび選手の皆さんにビッグニュースがありました! 2020年、「Apex Legends Global Series(エーペックスレジェンズグローバルシリーズ)」という世界大会が開催します。 これ...

2020年、非常に大きなApexLegendsの世界大会があります。

どのような構成が多いのかも注目点ですね!

 

 

ランクマッチ上級者、世界の頂点を目指す方向け

今、TSMという海外のチームがApexの大会で勝ちまくっています。

その強さの秘訣を海外のプロのコーチが解説しています。

彼らの強さは1人1人の上手さや連携の良さもありますが、特に強い点として有利な位置に素早く移動する「ポジショニング」にあるとか。

立ち位置が非常に良くキルを稼ぎながら上位に食い込むことで総合優勝が可能ということ。

しかし、、わかっていてもなかなかできないものです。

 

 

最後に

最後にプロのコーチからの最も重要なアドバイスを載せます。

「もし何かミスったら味方のせいにするんじゃない」

 

まさに真理ですね。

ゲームだけにいえることではないでしょう。