スイッチ版「ドラクエ11S」キャラボイス声優配役(キャスト)一覧

ドラゴンクエスト全般

先日、ジャンプフェスタ2019にてスイッチ版『ドラゴンクエスト11 S』の新要素が発表されました。

そこで、スイッチ版「ドラクエ11S」のキャラボイス入りの最新映像が公開され声優配役(キャスト)が発表されました。

果たしてどのような方がドラクエ初のボイスとして出演されているのでしょうか?

 

キャラクターボイス入り最近映像公開!

スイッチ版の「ドラクエ11s」はシリーズ初となる「声ありドラクエ」。

そのティザー映像が公開されました。

 

声なしドラクエを遊んできたおっさん世代には少し違和感があるものの、新鮮ですねw

ボイスの大きさは0~10から選ぶことができ、0にすれば声なしと同じのドラクエを楽しめます。また、話の最中でもボタンを押せばセリフを飛ばせるということでボイスが入るのでゲームのテンポが遅くなるということはなさそうですね。

今後のドラクエも声ありになるのかしら・・・?

 

「ドラクエ11S」キャラボイスの配役(キャスト)一覧

現在、公開されているドラクエ11sの配役は以下の通りです。国民的ゲームだけあって、声優陣は超豪華ですね!他は、わかり次第、追記します。

以下、キャラクターや声優さんに関する情報を記載します。

 

主人公/斎賀みつきさん

主人公は、穏やかなイシの村で暮らす青年。
16歳となり、成人の儀式に挑んだ主人公は、驚くべき事実を知ることになる。
自分は、かつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりであり、大きな使命を背負う者だということを……!

勇者とは何か。勇者の使命とは何か。
自らの運命をその目で確かめるべく、故郷を離れ、主人公は広大な世界へと踏み出していく。

 

主人公を演じるのは、賢プロダクション所属の斎賀みつきさん。

アニメや吹き替え等、多数の役柄を演じられています。最近だと、賭ケグルイ××の骨喰ミラスラーヴァ役で有名ですね。

 

カミュ/内山昂輝さん

カミュは旅の途中で主人公が出会う青髪の盗賊。
振る舞いや言葉遣いには粗野な面がある ものの、義理堅く、情に厚い心根の持ち主。
旅慣れた相棒として、駆け出しの主人公を 支え、導いていく。

 

カミュを演じるのは、劇団ひまわり所属の内山昂輝さん。

ゲームでは、キングダムハーツのロクサス役としても有名ですね。
アニメでもピンポンのスマイル役などを演じられています。

 

ベロニカ/内田真礼さん

ベロニカは強力な呪文を操る天才少女。

怖いもの知らずなおてんば娘で、相手が大人だろうが子供だろうがひるむことなく渡り合う。見かけによらず大人びており、子供扱いされる のをひどくイヤがる一面もある。

 

ベロニカを演じるのは、アイムエンタープライズ所属の内田真礼さん。

「中二病でも恋がしたい!」のヒロインの小鳥遊 六花(たかなし りっか)や、「ノラガミ」のヒロイン壱岐ひより等、多数のアニメ声優として活躍しています。

 

セーニャ/雨宮天さん

セーニャは、回復呪文でパーティを支える 癒し手。

心優しくおっとりとした性格をしているが、少々頼りないところがあり、行動をともにするベロニカをいつもやきもきさせている。

 

セーニャを演じるのは、ミュージックレイン所属の雨宮天さん。

初TVアニメ「アカメが斬る!」の主人公アカメや、「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」のちょっとした残念系の女神「アクア」などを演じられています。

 

シルビア/小野坂昌也さん

シルビアは、自由気ままな旅芸人。

つねに明るく前向きな、旅のムードメーカー。旅芸人として培った 曲芸を活かして、多彩な武器や技を使いこなす。世界中の人々を自分の芸で笑顔にする のが夢。

 

シルビアを演じるのは、青二プロダクション所属の小野坂昌也さん。男性声優、ナレーター、リングアナウンサー、ラジオパーソナリティ、DJなど多彩な顔を持っています。

 

マルティナ/小清水亜美さん

マルティナは、ある目的を果たすため、ロウとともに世界を旅する女武闘家。

豪脚の一閃は、比類なき破壊力を誇る。気品のある美しさと、凛とした物腰はただの武闘家ではなさそうだが……。

 

マルティナを演じるのは、フリーの小清水亜美さん。

ゲームでは「ペルソナ4」の天城雪子を演じた方で有名です。アニメでも「交響詩篇エウレカセブン」のアネモネや「狼と香辛料」のホロ等を演じています。

 

ロウ/麦人さん

ロウは、謎多き老人。

杖を持ち、大きな荷物を背負った風貌は一介の旅人のようでもあるが、高度な呪文を使いこなし、ただならぬ武術の腕前も誇る。
底知れぬ実力を秘めたこの老人は、はたして何者なのか……?

 

ロウを演じるのは、もともと寺田誠という名前でしたが、個人事務所「じゃがいも村の村長」である麦人さん。

「新世紀エヴァンゲリオン」のキール・ローレンツ、「バジリスク 〜桜花忍法帖〜 」の天海など老人役が非常に多い方ですね。

 

エマ/川澄綾子さん

エマは、イシの村の住人で、村長の孫娘であり、主人公の幼馴染。

冒険序盤、16歳を迎えた日に主人公と共に村の掟により成人の儀式にのぞむことになり、主人公と一緒に冒険してサポートをしてくれる。

 

エマを演じるのは、大沢事務所所属の川澄綾子さん。

アニメやゲームの声優さんとして数多くの作品に出演されています。のだめカンタービレの「野田恵」などを演じていますが、ご本人いわく、貴族や王族の役が多いようです。

 

ぺルラ/小山茉美(まみ)さん

ペルラは、イシの村の住人で主人公の育ての母。

実の息子ではないが、主人公を優しく諭してくれる。主人公は彼女のつくったシチューが大好きのようだ。

ある日、主人公が勇者であるという運命を持っていることを伝える。

 

ペルラを演じるのは、青二プロダクション所属の小山茉美さん。

言わずと知れたDrスランプアラレちゃんの「アラレ」役。声優だけではなく、女優やナレーションとしても活躍されています。

 

テオ/緒方賢一さん

テオは、桃太郎のように川に流れていた赤ちゃん主人公を拾ってイシの村で育てた老人。娘のペルラと共に主人公を育てていたが、数年前に他界している。

各地にある「とあるトレジャーハンターの手記」を読んでいくと、テオがかつてはトレジャーハンターとして旅をしていたことがわかる。

 

テオを演じるのは、オフィス海風所属の緒方賢一さん。

日本の声優、俳優、ナレーターも演じられており、大人気アニメ名探偵コナンの「阿笠(アガサ)博士」を演じられている事で有名な方ですね。

 

ファーリス/島崎信長さん

ファーリスは、16歳のサマディー王国の王子で、サマディー王のひとり息子。

王国内では馬術と剣術に長けた将来有望な王子として知られているが、実際はヘタレ王子の立ち位置で臆病な性格で剣技や乗馬の腕前もない。

 

ファーリスを演じるのは、青二プロダクション所属の島崎信長さん。

アニメ・バキの主人公である「範馬刃牙」の声を担当されています。また、かなりの「ラブライバー」としても知られており、特に好きなキャラは小泉花陽ということです。

キナイ/中村悠一さん

キナイは、ナギムナー村にいる麦わら帽子を目深に被っている浅黒い肌の漁師。

母から聞いた約50年前に起こった人魚の呪いの物語を信じ、人魚を忌み嫌っている。

 

キナイを演じるのは、シグマ・セブン所属の中村悠一さん。

主に脇役として様々な役を演じられています。

ゲーマーとしても知られ、自身も声優として出演しているグランブルーファンタジーを主にプレイしており、2016年3月に実装されたプロトバハムート・ハイレベルをその週のうちに討伐するなど、やりこみプレイヤーとしても知られています。

 

ロミア/茅野(かやの)愛衣さん

ロミアは、ピンク色の髪と尾ひれに青い瞳、七色の衣を纏った美しい人魚。

ナギムナー村では、人魚は人間の魂を奪う恐ろしい怪物であるという伝承が聞けるが・・・。

 

ロミアを演じるのは、大沢事務所所属の茅野愛衣さん。

2011年「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」で初のヒロイン・本間芽衣子〈めんま〉役に抜擢された後、第一線で活躍し続けている声優さんです。

 

サキ&テバ/加藤恵美里さん

サキ(妹)&テバ(兄)はホムラの里で共に暮らす家族の兄妹(けいまい)です。

母親が生け贄としてヒノノギ火山に捧げられることを知り、化け物のフリをして里を混乱させ儀式を遅らせることになるが・・・。

 

サキ&テバを1人2役で演じるのは、81プロデュース所属の加藤恵美里さん。ファンクラブ会員は「エミリスト」と呼ばれる長く人気のある声優さんです。

声優として「らき☆すた」の柊かがみや、「魔法少女まどか☆マギカ」 のキュゥべえ等を演じています。また、重度のゲーマーとして知られており、かつては1日10時間以上ゲームをしていたこともあるとか。

 

ヤヤク/行成とあさん

ヤヤクは、ホムラの里を治める巫女。

かつて、ヒノノギ火山に巣食う人食い火竜に息子であるハリマと共に挑んで打ち倒すも、戦いの末、息子を失った悲しみから彼女自身に変化が起こったようだ。

 

ヤヤクを演じるのは、アーツビジョン所属の行成とあさん。

最近では「はたらく細胞」のNK細胞の声優さんとして活躍されています。NK細胞とも顔が似ていてイメージとしてもピッタリですね。

 

シャール/堀江由衣さん

シャールは、眼鏡をかけた金髪の女性でクレイモラン王国の女王。父親である前王クレイモラン王が若くして亡くなり、クレイモランの国王に即位している。

若いゆえに政治能力・精神面に難があるが、国民の信頼は厚い。

 

シャールを演じるのは、ヴィムス所属の堀江由衣さん。ファンの間では「ほっちゃん」の愛称で知られている人気声優さんです。

ゲームでは「ペルソナ4」の里中千恵、アニメでは「化物語」の羽川翼や、「とらドラ!」の櫛枝実乃梨などを演じられています。 

さまざまなアニメで主演、ヒロインを務める声優として活躍する一方で、単独ライブを開催するなど歌手としても活動されています。

 

リーズレット/沢城みゆきさん

リーズレットは、美貌とセクシー体型な吹雪を操る氷の魔女。

クレイモラン城下町を氷漬けにすることで英雄グレイグをおびき出し、彼を殺すことを依頼されていた。

 

リーズレットを演じるのは青二プロダクション所属の沢城みゆきさん。

あの「ルパン三世」の峰不二子役や「ノラガミ」の毘沙門として活躍しているように今作のようなセクシー声を得意としています。また、その一方で「ハンター&ハンター」のクラピカや「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公である鬼太郎の声を野沢雅子さんから引き継いだ実力者です。

 

デルカダール王/菅生隆之さん

デルカダール王は、ロトゼタシア最大の王国であるデルカダール王国を治める君主。

政治だけではなく、武芸にも優れており、民衆からの信頼も厚くロトゼタシアで最も聡明な王と讃えられている。

 

デルカダール王を演じるのは、フクダ&Co.所属の菅生(すごう)隆之さん。

もともと文学座に所属し、以降同劇団にて30年以上役者を演じられていました。一方で、アニメやゲームにも声優として「銀塊」の次郎長や「バキ」の愚地独歩など多数出演されています。

 

グレイグ/小山力也さん

グレイグは武勇にすぐれたデルカダールの将軍。

剣術の腕は王国でも並ぶものがなく、これまで何百回と魔物の討伐におもむくも、いまだに無敗を誇る。
強い忠誠心を備えており、主君のためならば身を賭して盾となることも辞さない。

 

グレイグを演じるのは劇団俳優座所属の小山力也さん。

実力派でアニメでは「名探偵コナン」の初代の毛利小五郎や、「はじめの一歩」の鷹村守など、ゲームでもファイナルファンタジー12のバッシュや、「龍が如く5 ~夢、叶えし者~」冴島大河など多数のヒット作の役柄を演じられています。

星のドラゴンクエストのCMのナレーションなどもされています。

 

ホメロス/櫻井孝広さん

ホメロスは、数がわずかな軍隊でも大群の魔物軍を破るほどの実績を誇る銀色の鎧を身にまとっているデルカダール王国の軍師。

主君である王の命に従い、悪魔の子と呼ばれる主人公を追う。

 

ホメロスを演じるのは、インテンション所属の櫻井孝広さん。

 

アニメ「ダイヤのA」の御幸一也や、ゲームや映画では「キングダムハーツ」や「ディシディア」等でファイナルファンタジー7の主人公クラウドを演じられています。

 

マヤ/水瀬(みなせ)いのりさん

マヤはカミュの妹。

カミュと共に拾われたバイキングにこき使われ、時には彼らの私物に手をつける生活を送りながら、金に不自由しない暮らしを夢見ていた。 

 

マヤを演じるのはアクセルワン所属の水瀬いのりさん。非常に人気のある声優さんです。

アニメでは「ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)」のメインキャラであるチノ等を演じられています。

また、歌手としても活躍されており、2017年冬に東京国際フォーラムで1stライブを開催、2018年6月~7月に1stライブツアーを4都市で開催しています。

更に大ヒット朝ドラ『あまちゃん』で、劇中のアイドルグループメンバー成田りな役で出演しています。

 

ハンフリー/杉田智和さん

ハンフリーは、オレンジのバンダナの大男で孤児院を運営する教会の神父。

仮面武闘会の前回大会のチャンピオンである一方で、糸目と心優しい性格で、孤児院の子供たちから慕われている。

 

ハンフリーを演じるのはアトミックモンキー所属の杉田智知さん

「銀魂」の主人公である坂田銀時や、「ジョジョの奇妙な冒険」のジョセフジョースターの声を担当されていることは有名ですね。