エノタカの自己紹介

はじめまして。

エノタカ(Twitter)といいます。

 

3度の飯よりゲーム好きなおっさんです。

物心ついた時から30年以上ゲームを続けています。

 

ゲームブログなど複数ブログを運営。

独立しています。

 

長年のビデオゲームの経験からゲームレビュー、思うこと等を赤裸々に記事しています。

 

 

エノタカの経歴

大学中退

バイト生活

IT会社

再びバイト生活 +Web運営

個人事業主

2021年末にタイ移住で早期リタイア

 

小学生~高校卒業まで

小学校低学年、もしくは保育園の頃でしょうか?

祖父から任天堂のファミコンをプレゼントしてもらいました。

当時はファミコンの存在を知らず、買って!等とせがんでいなかったのですが、理工系のおじいちゃんだったためかファミコンをもらいました。

これがビデオゲームとの出会いです。

 

ドラゴンボール~神龍の謎~ ファミコン

なお、1番最初に手にしたソフトは「ドラゴンボール~神龍の謎~」です。

おじいちゃんは口数は少ない人でしたが、僕がドラゴンボールを当時よく見てたのを見て考えて買ってきてくれたんだなあと今思うと嬉しく思います。

「燃えろプロ野球」もその後に購入してくれました。

 

中学・高校時代はサッカー部に所属。

この頃、ドラクエ・FFにハマりました。

まさにドラクエ世代です。

ただ、この時は部活に集中していてゲームは程々でした。

 

・・・そして

大学時代から本格的にゲームにハマり始めるのです。

 

大学中退

大学デビュー。

 

中高のサッカーで燃え尽きた感があり、サークルや部活も入る気がしなかったので「ネットゲームでもしてみるか」ということで、丁度、本屋のファミ通で見て人気があるというファイナルファンタジー11を開始しました。

FF11はスクエニ(当時はスクエア)オンラインゲームですね。

そして、見事にハマってしまいました。

 

声優が好きで今のブログでよく記事を書いています。

そのキッカケはFF11を遊んでいた時に、今でこそ大御所感はありますが、当時は無名だった(そこそこ有名だったかも)中村悠一さんや、えみりんこと加藤絵美里さん等がFF11のイベント等に登場してFF11をプレイされていることを知ったことからでした。

そこで、初めて中村さんなどの声を聴いて、キャラによって全然声が違い、驚いたものです。

 

どんどんFF11がリアルになっていきます。

現実世界での誘いは全て断ります。

「そんな暇があったらゲームがしたい。」という感じでした。

当然、孤独になりました。

 

でも僕はオンラインゲームの世界では孤独ではありませんでした。

現実世界から遮断され、ますます居心地の良いネットゲームにのめりこみます。

毎日、昼夜問わず1日20時間ほどぶっ通しでゲームを続ける日々でした。

そして、大学通学に意味を見出せなくなり、中退しました。

 

「・・・1人じゃねえよ」

リアルでは友達がいなくてもネットでは遊ぶフレンドが多く、当時の僕もこんな感じでした。

ネットの世界が現実だった気がしますw

その反動もあり、今はFF14のバハ固定を最後にネットゲームはソロ専になりました。

 

バイト生活

大学を辞め、近所のゲーム店で約5年ほどアルバイトを開始。

正直、大学を辞めて不安でした。

しかし、バイトは気楽で最新ゲームに触れ、物凄く楽しかったです。

バイトメンバーもゲームが大好きで雰囲気が良かったのもありますね。

働いていて特に楽しかった時期はこの時期くらいですかね。

 

IT会社の正社員へ

そんな中、不況の煽りか、アルバイト先が閉店になりました。

 

そこで、無職になり、お金に困ったので職安に駆け込みました。

「ゲーム好きならパソコン関連の仕事やろ!」と、軽い気持ちでIT会社に決定。

僕はバイト以外の社会経験はありませんでしたが、運よく1発で入社でき、希望のIT会社に勤務させて頂く事になりました。

 

しかし、毎日のように早朝~終電まで勤務。

ストレスで激太りになり、耐え切れずに1年間で辞めました。

 

僕が正社員で会社勤務したのは、この1年のみ。

継続勤務している社会人は本当に凄い!と身をもって思います。

 

今思うと、激務に耐え切れなかったのは少し悔しくも思います。

 

再びバイト生活

正社員を辞め、再び収入がなくなりました。

そこで、再びバイト生活を始めました。

 

バイトはカレー店などの飲食店複数、日雇いバイト、被写体モデル、清掃、配送助手、交通整理、工場など様々な所を転々としました。

 

20代後半になり、この頃から年齢を重ねるたびに将来の不安が募ってきました。

「いい年した大人がゲームばかりして役に立つのか?」とも言われたこともありました。

また、時が経ち、周りの同級生達がほぼ全員就職し、第一線で活躍していることがわかりました。

そんな中、バイトで将来の目標が特に何もない自分にとてつもなく「苛立ち」や「悔しさ」という気持ちが芽生えてきました。

 

個人事業主へ

バイト ⇒ ゲームの繰り返しの日々が続きます。

 

そんなバイト生活の傍(かたわ)ら、ブログ等のWeb運営を始めました。

というのもブログを書いて生活している人(ブロガー)がいるのを知ったからです。

将来的な不安があったこともあり、お金になるならやってみるか!という軽いノリでした。

 

とはいえ、いざブログといっても、運営方法がさっぱりわかりませんでした。

最初は特定のタイトルのゲームブログから始め、始めのうちは1日10アクセス、自給1円ほど。

 

「なんやこれ、これだけやってたった1円かよ・・・」

 

しかし、今の自分の苛立ちや悔しさが体を突き動かし、ネットで調べながら自力でひたすら記事を書き続けました。

僕は才能がないので量をこなすスタイルでした。

 

書きまくったのは何が当たるかわからなかったからです。

後は、当時はブログは量より質という考え方が浸透していましたが、質の良い記事って何なの?と経験や知識もないために知らなかったからです。

記事を書いているうちに自分の得意スタイルを確立していきました。

 

また、僕は飽きっぽいタイプです。

しかし、ゲーム好きのためか不思議と継続はできました。

今ではブログは継続できるため向いているかも?と思い、様々なジャンルに挑戦中です。

 

数年が経つと、右肩上がりで収益が増加。

その頃もWeb運営をしながらバイト生活を続けていました。

しかし、収益のめどが建ってきたのでバイトを辞めました。

そして、2017年から個人事業主となりました。

 

ある程度を稼ぐと幸福度はかわらないという話を耳にしましたが、その通りでした。

なぜなら、ブログを書く時間に囚われて、いつの間にかゲームをする時間が減っていったからです。

 

大学を辞めてから好きなゲームのバイトをしていた時期の方が幸福度は高かったと思います。

恐らく、今後、収益がさらに増えても変わらないでしょう。

 

この事が身をもってわかり、残りの人生は大好きなゲームにも関わりたいと感じています。

 

 

海外移住、新たな人生へ

2021年の年末に海外移住をしてセミリタイアしました。

 

タイのパタヤのビーチ沿いの高層コンドミニアムで静かに暮らしています。

 

タイは多様性を受け入れる国で小さなことは気にならなくなってきます。

温暖な気候のせいもあると思いますが、明るくてフレンドリーな人が多いなと感じます。

 

タイで最近ハマっているドリンク飲み比べ。

日本では、こういった飲み物の楽しみは知らず、現在の小さな喜びです。

 

冷蔵庫に様々な種類のドリンクを保管しています。

飲む分だけ自分で作る感じですね。

科学の実験みたいで適当に配合するのも面白いです。

 

タイの場合、ネットでまとめて頼むと日本の半値以下で購入できますね。

もともと物価の安い国ですが、まとめ買いの割引率が異様に高いなと感じています。

後は、交通の便が安く、デリバリーの配達料金がより安く感じます。

 

タイの特徴でジムがコンドミニアム内にあるので3日に1回ほどの運動しています。

僕の場合は、筋力増強ではなく、健康維持でやっています。

マスクがコロナでまだ日本同様に取れないのでキツイ!

 

ブログの更新頻度やSNSの発信などの頻度は大幅に下がりましたが、ゲームはまだやっています。

時々、好きな声優やゲームレビュー等の記事を更新しています。

たまにSNS(主にTwitter)も更新します。

※現在の僕は休止&リタイア気味です。SNS等での連絡などは取りづらいことはご理解ください。

 

既に隠居モードっぽくなっていますが、人生もまだまだ長い!

しばらく今の生活を続けて慣れてパワーが貯まってきたら、挑戦を続けていく予定です。

 

ゲームを通じて

僕の人生の半分以上は、ゲームが関わってきました。

ゲームで人生が崩れたと思いましたが、そのゲームのお陰で早期リタイアができたのも事実です。

 

近年、ゲームは地位を上げています。

プロゲーマー、ストリーマー、ブロガー、Youtuber、NFT、GameFiなどゲームを通じて生活できる人たちが増えています。

スポンサー等がつき、ゲームのみで生活できるプレイヤーも少しずつ増えてきました。

 

しかし、まだ多くの人はゲームだけで生活するのは難しいのが現状です。

有名なゲーム配信者やプロゲーマーでも収益を満足に得られるのはごく一部だけです。

 

まだまだ発展途上なゲームの世界。

 

大人になっても本当にゲーム好きの方に僕が味わったような悔しい(みじめな)気持ちにならないようにゲームの普及に何かしらの形で手助けや貢献できたらなと思っています。

 

そして、日本のゲーム業界がもっと盛り上がって、より面白いゲームが生み出されるといいなと思っています。

 

 

エノタカが好きなゲーム

・ファイナルファンタジー

特にFF11は僕の人生を狂わせたオンラインゲームですw 

FF11は、僕にとっては世界で1番のゲームです。

大学時代~社会人時代までのほぼ全神経を注いだ青春そのものでした。

 

皆さんにもベストゲームがあると思いますが、FF11は間違いなく僕のベストゲームです。

今でも続いていてまたやりたいのですが、ハマりすぎると思うので止めています。

好きすぎて「制御できない」とわかっているからこそやらないのです。

オンラインゲームで野良中心のソロ専になったのもそのためです。

 

オンゲー以外だとFF5、FF10は最高でした。

 

 

・ドラゴンボール~シェンロンの謎~

人生ではじめて遊んだファミコンのゲーム。

難易度が高く、クリアできた時は死ぬほど嬉しかった。

 

 

・ドラクエシリーズ

特にドラクエ7の石板探しでイライラしていたのを覚えていますw

ドラクエ7をやっていた時代は僕自身がイライラしていたので、その影響もあると思います。

 

また、ドラクエ4の章立ての作品は衝撃でした。

特に3章のトルネコ編のお金集めでクリアは斬新でした。

 

 

・スカイリム

自由度が高すぎる神ゲーです。

顔や種族を変えたり、善人にも悪人にもなれます。

続編は100%購入します!

 

 

・信長の野望

シュミレーションゲームは辞め時が難しい。

ハマりすぎるので売りました。

それくらい面白い。

特にハマったのは創造・戦国立志伝。

暗殺で武田信玄クラスの大名を殺せる時代からのファンです!

シブサワコウさんが今も現役で嬉しい。

 

 

・ドラゴンズドグマ:ダークアリズン

オープンワールドのアクションゲーム。

巨大な敵によじ登り致命攻撃など個人的な衝撃的なゲームでした。

オンライン版も少し遊んでいました。

魔法が派手でめちゃくちゃ楽しいです。

続編はよっ!!

 

 

・ペルソナシリーズ

ヒキコモリなのでハーレム状態の主人公のリア充いいなーと感じたゲーム。

特にプレイしていた大学時代はゲームに夢中すぎてリアルでの女性の誘いには一切乗らず、ろくに会話もしなかったので、マジでうらやましいと思いました。

今、大学生くらいの方に言いたいことは、異性の誘いには、気が向かなくても時々なら乗っかった方が良いと思います。

オッサン、オバサンになった時に後悔するかもしれません。

 

・・・話はそれましたが、ペルソナのゲームの世界観、BGM共に素晴らしいです。

 

 

・フロム作品

ダクソとかブラッドボーン、デモンズソウルとかですね。

即死も多い死にゲーですが、映像の綺麗さ、サクサク動く、苦労してクリアした時の爽快感が最高!

 

 

・Apexlegends

おっさんの僕にFPSの面白さを教えてくれた神ゲーです。

好きなキャラはオクタン、良く使うのはガスおじ。

最近はヴァルキリー、ヒューズを使っています。

若いころにApexがあったらFF11よりハマってたかもw

シーズン1からやっています。

 

 

・原神

ゼルダに似ていますが、幻想的な世界観とキャラクターにとても魅力を感じています。

特に好きなキャラはウェンティ、シャンリン、パイモンです。

初期からやっています。