ドラゴンボール神龍の謎、ゲーム歴30年以上の僕の初めてのゲームの思い出

ゲーム雑記

僕はゲームを遊んで30年以上になります。

先日、僕が初めて遊んだファミリーコンピューターのゲーム「ドラゴンボール~シェンロンの謎~」のプレイ動画をYoutubeでたまたま目にして懐かしい気分になりました。

このゲームは、生まれて初めて遊んだゲームです。

 

ドラゴンボール~神龍の謎~とは?

こちらが目にした動画。

無性に懐かしい気分になりましたね。

 

鳥山明さん原作のドラゴンボール(アニメ・漫画)の主人公である悟空の少年時代(初期)が舞台の作品です。

 

悟空を操作して敵を倒していくアクションゲームです。

体力が0になるとゲームオーバー。

 

初めてのゲームの思い出

お爺ちゃんが僕にファミコンを買ってきてくれたことが出会い。

そこに一緒についていた作品が「ドラゴンボール~神龍の謎~」でした。

 

僕のお爺ちゃんは、仕事一筋の人で遊んでもらった記憶はありません。当時から僕はドラボンボールの大ファンでしたが、それを伝えたことも、ゲームを買ってくれとせがんだことも1度もありません。

今思うと、良く自分を見ててくれたんだなと思い、何ともいえない気持ちになります。

 

さて、ゲームの方はストーリーは途中までは原作に近いものの、途中からかなり違ってきます。クリリンのような敵キャラが複数現れたりもしますw

 

当時の僕は、このステージで挫折しました。

コンテニューは何度もできるのですが、1度電源をきると最初からやり直しになるゲームでした。当時はパスワードもないゲームが多々ありました。

 

僕の家では1日でゲームを遊べる時間が決まっていて、このステージに達する頃には終了の時間になっていました。

当時、高橋名人の「ゲームは1日1時間」という有名なフレーズがありました。高橋名人は少し前のマックス村井さんのような当時の子供のヒーローでした。

そんなヒーローの高橋名人に対して「クリアできないのはゲームの時間が短いからだ!高橋名人のせいだ!」と思っていました。名人・・・ごめんなさいw

 

↑ヤムチャ戦。なかなか勝てなくて何度も戦いました。

それにしても、生まれてからはじめて遊んだゲームなのか、Youtube動画を見て、進めたほとんどのシーンは覚えていました。

30年以上前の他の記憶は殆ど覚えていないので不思議ですね。

相当遊んだからかなあ。

 

パンツをとって移動速度が上がります。

このパンツのデザインは、今でも鮮明に覚えていますw

 

近年、ファミコンミニや過去のリメイクなど僕らの世代をターゲットにしたゲームが増えてきて非常に嬉しいです。

僕は多分、老後にはゲートボール等ではなくゲームを遊ぶと思いますw

その頃になったら、また当時を思い出してプレイできたらな、と感じています。