Apex Legendsのキル判定は?倒したのにカウントされないのは何故?

Apex Legends APEX LEGENDS

Apex Legendsで自分が倒したのにキル数がカウントされないことがある経験を体験したことがあると思います。

そこで、本日はApexLegendsのキル判定について記事にしたいと思います。

また、初心者でもキル数を稼ぐ方法も記事にしたいと思います。

良かったらご覧ください。

 

Apex Legendsのキル判定

結論から述べます。

ApexLegendsのキル判定はノックダウンさせた人がキル数を獲得できる機会があります。

従って、1番ダメージを与えた人や倒して死亡(デスボックスの状態)させたりすることで、キル数をカウントされるわけではありません。

エノタカ
エノタカ

ノックダウンしている敵を他のプレイヤーがキルしてもノックダウンさせた人のキルになるということです。

 

ちなみに機会があると書いたのは、ノックダウンだけさせてもその敵がデスボックスにならないと、キルしたことにならないからです。

 

Apexノックダウン

Apexのノックダウンは地べたをはいずりまわっている状態で、はいずりまわったり、扉の開閉以外はできない状態のことです。
味方のノックダウン時には、上図のよう表示され復活させることも可能です。

 

apexデスボックス

Apexのデスボックスは上図の状態のことです。

敵をノックダウン状態から攻撃を加えて撃破するとデスボックスにすることができます。

敵がこの状態であれば、持っていた武器やアイテム等を奪い取ることができます。

また、味方が倒されてデスボックスになった時には、ビーコンに運ぶことでデスボックス化した味方を復活させることができます。

 

自分がノックダウンさせてデスボックスされた場合

自分が敵をノックダウンさせれば、味方に止めをさされてデスボックス化されてもあなたのキル数として加算されます。

あなたがどんなにダメージを与えてもノックダウンさせなければ、キルは他人のものになります。

エノタカ
エノタカ

自分のキル数を稼ぎたければ、まずは敵をノックダウンをすることを意識してみましょう!

確実に自分のキル数としてカウントさせたければ、自分でノックダウンさせて自分でデスボックス化させましょう。

 

初心者がキル数を稼ぐには?

初心者でもキル数を稼げるようになる方法を2つほど記載します。

 

ジャンプマスターの降下開始からすぐ手前で降りる

初心者がキル数を稼ぐには最初からドンパチ(やりあう)ことが最適です。

その理由としては、序盤は
上級者であっても装備が揃っていないことから
倒せる確率が増えるからです。

個人的なキル数を稼ぐおすすめは
ジャンプマスターの降下開始から
「すぐ近くの手前に降りる」ことです。

いきなりドンパチできるためか、半分くらいの部隊がすぐ手前のエリアに落ちますw 
これはApexLegendsでの暗黙の了解になっています。

 

降下して運よくすぐに武器を拾えれば、
防具が揃っていない上級者を
初心者でも倒せる可能性があります。

個人的な落下のおすすめは、そのエリアの高所に落ちることです。
上から移動している下の敵を狙い打ちにできます。

 

もちろん最初からやりあう地点に落ちることで、すぐに部隊全滅の可能性はあります。しかし、その場合はすぐ終わるので切り替えて次にいきましょう。

 

 

漁夫の利を狙う

これはもう鉄板ですねw

銃声音が聞こえる他人がやりあっている場所に向かい、漁夫の利を狙いましょう。
やりあっている部隊をまとめて倒せる可能性がぐっと上がります。

ただし、銃声音を聞いて、他の部隊も漁夫の利を狙っている可能性があります。
この部隊に囲まれないようにご注意下さい。

PS4版Apex Legends初心者が設定するべき2つのこと
Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のPS4版の設定するべき点を記事にします。 Apex LegendsのPS4版の設定画面は、ホーム画面で上図の赤枠の部分のオプションボタン(OPTIONS)を押すと設定を変更できま...

キル数は参考記録程度にですね。
1キャラのみ使い続けて手前の激戦区で降りて即抜けを繰り返してキル数を稼ぐこともできます。

 

APEXレジェンド1試合20キルバッチ

力を誇示するならキル数よりも1試合で20キルした上のバナーを狙った方が良いと思います。

正直、このバッジをつけている方は上級者です。
なんせ1試合で最高60部隊で1/3以上を1人で倒しているわけですからね。