【Apex】進化式ボディシールド入門!初心者が知っておきたいこと

進化式ボディシールド APEX LEGENDS

Apexではシールドと呼ばれる鎧(アーマー)があります。

進化させて育てて強くすることもできます。

知っておくとゲームで役立つので、基礎的なことから少しだけでも覚えておきましょう。

初心者~中級者向けの記事です。

 

【Apex】進化式ボディシールドとは?

【Apex】進化式ボディシールドとは?

Apexの進化式ボディシールドは、ダメージを与えることで強化できるボディシールドです。

鎧であることからアーマーとも呼ばれています。

 

初期段階は白色。

と順番に進化して色が変わると耐久値が強くなっていきます。

 

金ボディシールド

金アーマーと呼ばれるボディシールドは進化しません。

よって進化式ではありませんが、ボディシールドには分類されます。

 

ボディシールドの耐久と進化に必要なダメージ量

進化式ボディシールドの色
進化に必要な与ダメージ 50 150 300 750 進化せず
耐久ダメージ 50 75 100 125 100

・Lv1白アーマーからLv2青アーマーに強化するのに150ダメージ必要。

・Lv2青アーマーからLv2紫アーマーに強化するのに300ダメージ必要。白からの累計450ダメージ。

・Lv3紫アーマーから赤アーマーに強化するのに750ダメージ必要。累計で1200ダメージ必要。

アーマー差は、進化前の白と最終段階の赤では75ダメージの違いがあります。

 

進化シールドの育て方!知っておくと良い知識

※青色は覚えておくと便利です。

ダウンしていないプレイヤーにダメージを与えると強化される。アークスターなどの投げものや、コースティックのガスなどもダメージ換算されます。

・動物などの生物や動くロボット(プラウラー・蜘蛛・フライヤー・スペクター)にダメージを与えてもシールドは進化する。ただし、このようなNPCの場合、進化量はダメージの25%。これらはダメージとして数値には加算はされないものの、アーマーは強化されるようになっています。

レプリケーターで強化可能。強化に必要なクラフトメタルは1回で50個消費で150ダメージ分の進化の値が加算されます。

・進化した際にアーマーは回復しない。例えば、白アーマー耐久50の状態で青に進化しても青アーマー耐久50の状態になります。

・訓練所のダミー(動くものも不可)ではダメージを与えても進化しません。

・進化状態はシールドが別のプレイヤー(敵・味方問わず)の手に渡っても引き継がれます。

・赤アーマーは進化させないと取得できない(落ちていない)

・白アーマーは、デフォルトで白アーマー状態であることから出現率が他よりも低い。

・アリーナではアーマーは進化しない

・同レベルや上位アーマーは即座に交換できる。また耐久値が低くなっているアーマーは、例え下位アーマーでも即座に交換可能

最後のものは、例えば、赤アーマーを装備していて削られて耐久が50以下の場合、耐久50の白アーマーに即座に着替えることができます。しかし、耐久が51以上残っている場合、即座に着替えることができず選択肢が出て着替えるかどうかを選択する必要があります。

 

金ボディシールドについて

金ボディシールドは、耐久100固定で進化させることが出来ない代わりに特殊な効果があります。

金ボディシールド

その特殊効果は、「小回復効果増加」注射器とシールドセルの効果が増加する効果です。

具体的には、注射器とシールドセルの効果が通常の2倍になります。

 

また、スナイパー武器「センチネル」の強化につかうシールドセルの使用を通常の2つから1つに減らすことができます。

 

赤アーマーより25ダメージほど耐久は小さいものの、セルと注射器など回復が十分にない場合は、非常に有効です。

特にリングの縮小時には、リング外ダメージが痛いため役立ちます。

 

主に保管庫や

 

赤アーマーと金アーマーどっちが良い?

現状で赤と金アーマーどっちを選ぶのか疑問に思う人はいると思います。

しかし、現状では、どちらかといえば赤アーマーを選ぶ人が多いです。

以下の理由が主な原因です。

 金より赤アーマーを選ぶ人が多い理由 

・同条件だとシールド耐久25高い分、撃ち合いにも強い

・シールドバッテリーがレプリケーターで簡単につくれる

・レプリケーターでも進化させることができる

・成長(進化)しないので楽しくない

・回復のメリットが小さい。セルが1個3秒、バッテリーなら5秒で回復。つまり、金で全回復をセルでするなら6秒、赤はバッテリー1個で5秒で終わる。