FF7Rの発売日前のメタスコアは全体的に高評価も問題点あり

FF7リメイクファイナルファンタジー系

エノタカ(@enotakagame)です。

 

再新作であるFF7リメイクの発売日(2020年4月10日)が発売されました。

丁度、少し前にダウンロード版が配信され、現在、プレイしているプレイヤーもいると思います。

 

今回のFF7リメイクはどんな感じであるか気になっている人も多いでしょう。

そこで、本日は既に発売日前に一足先にプレイした海外のレビュー「メタスコア」による作品への評価をご紹介します。

 

 

発売日前のゲームが事前レビューされている理由

発売前に既に日本、ないし海外のメディアでは既にFF7リメイクを実際にプレイした後のレビューが投稿されています。

発売日前にレビューが既にあるなんておかしいんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、メディアが拡散することで宣伝効果になり売上に貢献することから発売日前にゲームを試遊することが可能です。

何もこれはFF7リメイクに限ったことではありません。

 

メディアはゲーム情報誌や、最近ではYoutuberなども対象になってきていますね。

詳細なゲーム内容の公開は厳禁ですが、レビューは可能です。

 

ですので、本日公開する海外レビューは憶測ではなく、実際に試遊されたレビューになります。

 

FF7リメイクは日本だけではなく、ファイナルファンタジーシリーズは海外、すなわち世界展開しています。

よって、海外メディアも試遊しています。

 

なぜ海外レビューなのか?

海外メディアの場合は国内メディアに比べると一部をのぞき、しがらみが少なく、本音を書く傾向があります。

そして、「自己主張が強く、言いたいことをいう」性格です。

だからこそ海外レビューを集めた「メタスコア」などは信頼を集め参考にされているわけです。

 

近年、面白いものは面白い、つまらないものはつまらないとハッキリと本音でいうレビューが好まれています。

 

それは、現在、様々なゲームがあふれていますが、アマゾンの偽レビューなど不正も多く、不良品をつかまされることも多くなっているからです。

そして、全て遊んだり、試したりするのが以前より大変になっていることもあります。

ゲームがあふれているからこそ、レビューを参考にするようになり、本音のレビューは信頼性を高め、支持を集めていく傾向にあります。

 

FF7リメイクの主な海外レビュー(メタスコア)

FF7rの主な海外レビューをご紹介します。

当ブログでは、最も良いものと悪いものだけを書いていきます。

 

Final Fantasy VII Remake
Final Fantasy VII Remake for PlayStation 4 game reviews & Metacritic score: Long ago, we looked upon a foreboding sky. The memory of the star that threatened al...

▲メタスコアの原文(英語)はこちらで確認できます。

 

ff7rメタスコア

結果から述べると、今回のFF7リメイクのメタスコアの点数の平均は「87点」でした。

 

ff15メタスコア

ちなみに前回のファイナルファンタジー最新作「FF15のメタスコア」が81点であることを考えると非常に高評価でした!

 

では、主なレビューを記載していきます。

==============================

1、Digitally Downloaded 最高点100点原文

原作のオリジナルのファイナルファンタジーVIIはシリーズの中で最もお気に入りというわけではありませんでしたが、リメイクをプレイした後、気まぐれでオリジナルのゲームをロードしていました。

リメイクが提供してくれた画面を通してオリジナルのアクションを視覚化できることで、ゲームはより活気があり、面白く、そして感情的に魅力的になりました。

FFVIIリメイクは、リメイクが一般的にそうであるように、元のオリジナルのゲームの代わりになるとは限りません。

リメイクはオリジナルを補完するものであり、開発者は世界とキャラクターを1つのコインの両面のように構築されています。-私にとっては、少なくとも一方がなければ、もう一方はありません。

リメイクでオリジナルのファイナルファンタジーVIIを気に入ってもらうのは、スクウェアエニックスが成し遂げるとは思ってもみなかったことですが、私たちは最も奇妙な時代に生きています。

エノタカ
エノタカ

FF7リメイクが面白すぎて原作のFF7を遊ぶ方も増えそうですねw

 

2、EGM最低点60点 原文

ファイナルファンタジーVIIリメイクは、新しいコンセプトの導入と元のゲームの最も印象に残る側面の忠実な再現とのバランスをとっていますが、コンテンツの水増しによって輝いているポイントの間があまりにも空きすぎていることが問題です。

==============================

他のメタスコアのレビューは、FF7リメイクのメタスコアご覧ください。

 

最後に

今回のFF7Rの海外メタスコアのレビューではFF15の時の低評価の業者のレビューがない(FF15で75点未満の業者)点が気になります。

FF15のレビューで75点であったEGMが今回、FF7Rの海外レビュー業者で最低の60点を出したことで次回のFF作品のメタスコアでどうなるかも追っていきたいと思います。

 

今回の事前の海外レビュー(メタスコア)は限定されていたため、あくまでも参考程度にすると良いでしょう。

 

今回は発売後に海外レビューを見る、もしくはご自身の目で他の人のプレイ動画を見たり、実際に遊んで試してみた方が良いかと思われます。