【Apex】ヒートシールド入門!初心者も知っておくべきこと

APEX LEGENDS

エーペックスレジェンズでは、プレイヤーがリング外からのダメージに耐えることができる新しいヒートシールドアイテムが存在します。

戦局をかえるほど重要なアイテムになっており、初心者から上級者まで知っておくべき点について書いていきます。

※最終更新は2021年12月段階。随時追記します。

 

ヒートシールドとは?

Apex ヒートシールド

ヒートシールドは、短距離に投げれる球状の大きな展開可能なアイテムです。

地面に着地すると、リング外のダメージからシールド内のすべてのプレイヤーを保護する大きなドームが作成されます。

リングがヒートシールドに触れると、近くのプレイヤーは円形のドームに気付くでしょう。

 

リングがヒートシールドにダメージを与えていき、ゼロに達すると、ヒートシールドが破壊され、プレイヤーは通常通りリングダメージを受け始めます。

マッチが進行し、リングのダメージが増加するにつれて、効果時間が短くなります。

ヒートシールドは、設置すれば永続するのではなく、プレイヤーと同じようにリングからダメージを受け続けることに注意することが重要です。

 

さらに、ジブラルタルの保護のドームのような防弾バリアではなく、あくまでもリングのダメージからプレーヤーを一時的な守る効果のみのものです。

エノタカ
エノタカ

弾が貫通しない報告もありますが、おそらく、ジブラルタルのドームと間違えたのかと。敵のジブのドームもヒートシールドの色と似ていますからね。

 

ヒートシールドの初心者向け知識

ヒートシールドについて知っておくべき基本事項をまとめました。

 

所持数制限

ヒートシールドは、2つまで所有することができます。

ただし、ヒートシールドか、モバイルリスポーンビーコンどちらか1種類しか所持できません。

つまり、モバイルリスポーンビーコンを所持していた場合、捨てなければヒートシールドを所持することはできないということです。

 

設置条件

ヒートシールドの設置条件は以下。

・ヒートシールドを1つ以上所持していること

 

使い方と設定方法

ヒートシールドを入手後、サバイバルスロットを開くとヒートシールドを展開できます。

サバイバルスロットは、パッドの場合は十字キーの左ボタンを押し続けると現れます。

プレステ、switch、Xbox等のコントローラー(パッド)プレイヤーはこのやり方です。

 

▲サバイバルスロットボタンは、コントローラー設定の所でON、OFF切り替え可能。

素早く展開するために十字キー左長押しで展開できるON推奨。

 

サバイバルスロットの設定をOFFにした場合でも、インベントリ内から直接アイテム(ヒートシールドorリスポーンビーコン)を押すことで使用可能です。


▲ヒートシールドのアイテム枠で表示されるアイコン

ただ、OFFだとアイテムのスロットを1度開く必要があるので時間がかかります。

左ボタンを長押しでもヒートシールドが出てこない!という人の大抵がサバイバルスロットがOFFになっています。

 

PCプレーヤーの場合は、自分のキーをバインド(特定のボタンを押せばすぐ出る)ができます。

初期設定だとLAltキーで使用できます。

 

使い道

ヒートシールドを持っていると、プレイヤーは端に小さな円が付いた水色のような明るい曲線を見ることができます。

これは、アイテムをどこまで投げることができ、どこに着地するかを示しています。

 

ヒートシールドの一般的な使用法は、プレイヤーがリングを走りながらそれを前方に投げて、回復するための一時的な安全な領域を作成することです。

また、リング外でレプリケーターまたはリスポーンビーコンを使用する前後でプレーヤーを守るために使用します。

 

応用編だと、例えば、リスキーな安置外移動です。

これは、注射器や医療キッド駆使しながらパーティメンバーのヒートシールドを使い安全な道を作って移動していきます。

安地外が安全な時もあるので、ランクマで順位ポイントを上げる際などで使えます。

 

耐久時間

ラウンド進行とヒートシールドの耐久値を表にします。

リングが進行するほどヒートシールドは破壊されやすくなります。

ラウンド 耐久時間
50秒(2%/秒)
33.3秒(3%/秒)
10秒(10%/秒)
5秒(20%/秒)
4秒(25%/秒)

 

ヒートシールド内の回復速度について

ヒートシールド内では、ダウンからの蘇生速度上昇効果25%がついています。

ジブラルタルのドームの蘇生速度上昇とは重複しません。

 

ただし、セルや注射器などの回復効果上昇効果はありません。

以前は2倍のスピードで回復できました。

現在は、削除されています。

 

入手方法

ヒートシールドの入手方法は以下の3点です。

・敵のデスボックスから奪う

・クラフトで作成(メタル50個で2つ)

・ライフラインのケアパッケージ

問題は、どの入手法も100%入手できるというわけでは無い点です。

 

クラフトでの作成は削除されました。

理由は無限増殖できるバグが見つかったためです。

 

ヒートシールドの小ネタ

知っておいて損はしないと思われるヒートシールドのネタ的な知識を書いていきます。

 

見えない場合の対処法

結構、ヒートシールドが見えないという人がいます。

その場合、以下の点を心がけると良いと思います。

 

・安置に置かない

エノタカ
エノタカ

アンチと安置は見にくい(醜い)です。

・モニターの明るさ変更

Apexはゲーム内で見え方の変更はできます。

ただ、こちらよりもゲームモニター自体の設定を変更すべきです。

特に重要なのは「明るさ」

一般的なモニターはデフォルトでも明るすぎる傾向があります。

多少、暗くしても良いでしょう。

 

トライデント(車)に乗せて移動する方法

ジブラルタルのドームと違い上に乗せなくても、ヒートシールドをトライデントの足元付近に設置することでトライデントごと移動できちゃいます!

リング外でもダメージを受けずに長距離移動できるので知っておくと便利です。

 

味方にヒートシールドを刺して遊ぶ

ヒートシールドを展開する際に味方を蘇生すると、ヒートシールドの機械を指しているかのようなモーションが見られます。

 

 

めっちゃシュールw

 

最終アンチのヒートシールドについて

ググると最終リング縮小でヒートシールドを使って敵は使用した形跡がないのに負けるという報告が良く見られました。

理由は以下が考えられます。

 

・敵にレイスがいた

レイスの虚空の無敵時間は5秒。

最終アンチのヒートシールドより1秒長いです。

 

・金ノックダウン

敵が金のノックダウンシールドを持っていた可能性はあります。

ダウンしても4秒耐えれるので味方が誰も金ノックを所持していない場合、負けることがあります。