平均年齢70歳!高齢者のeスポーツチーム「シルバースナイパーズ」

シルバースナイパーズ eスポーツ

eスポーツといえば若者が中心の印象がありますが、eスポーツのプロチームの中にはご高齢の方が中心のプロチームも存在します。

そこで、本日は平均年齢がなんと70歳というeスポーツチームである「シルバースナイパーズ」をご紹介します。

 

高齢者のeスポーツチーム「シルバースナイパーズ」

シルバースナイパーズ

シルバースナイパーズはスウェーデンのプロeスポーツチームです。

シューティングゲームであるFPSの「CS:GO(Counter-Strike: Global Offensive)」の大会に出場されています。

公式ページは「こちら

 

プレイヤー

シルバースナイパーズメンバー2019年

現在の2019年度のシルバースナイパーズのメンバーは5人。

64歳、65歳、67歳、76歳、76歳と平均年齢が70歳近いご高齢のメンバーで構成されています。

毎年、入れ替わりがあります。

勝率(Win)が50%を超えているメンバーがおり、驚きます。

 

シルバースナイパーズメンバー2018年

↑2018年度のメンバー。Win(勝率)がこの時は高くても15%ほどでしたが・・・

 

成績を比較するとわかりますが、2018年度のメンバーに比べると勝率が高くなっており驚きます。

 

 

コーチ

コーチFredrik Andersson

シルバースナイパーズのコーチはFredrik Anderssonさん。

JAEGARNとも呼ばれている32歳です。

彼は2007~2009年頃に Sweden EYEBallersや Sweden Begrip Gamingといったプロチームで活躍したCS1.6プレーヤーであり、スウェーデンのトッププレーヤー達とチームを組み『IOL Season 4』優勝などの数多くの実績を持つプロゲーマーです。

 

トレーニング

勝負の世界であるプロeスポーツの世界。

当然のようにトレーニングがあります。

本日はシルバースナイパーのゲーム以外でのトレーニングをご紹介します。

 

ボールを投げてキャッチする反射神経のトレーニング。

 

大会で連戦もありますので、握力を鍛える事も必要になってきます。

 

FPSを行う上で腕を鍛えていないとこうなりますw

素早い動作を求められるFPSでは酷使すると筋肉痛になります。

 

 

高齢者にも広がるeスポーツの世界

ご高齢の方のプロeスポーツチームは、もちろん、今回、ご紹介したシルバースナイパーズだけではありません。

 

将棋に比べてeスポーツは流行らない2つの理由、同じゲームなのに何故?
数日前、浜ちゃんこと元ファミ通編集長で現日本eスポーツ連合JeSU会長の「浜村弘一」さんのeスポーツが国内で復旧してない理由を述べたセミナーでの記事を見ました。 ざっくりと記事をまとめると「ゲームのイメージの悪さ」でeスポーツが国内に...

今は日本でeスポーツはまだそれほど流行っておらず、ご高齢のプロスポーツチームはありませんが、僕を含めたおっさん世代も着手するなど着々と浸透しつつあります。

 

ご高齢の方にとって、eスポーツは生きがいになっているという方もいます。

競技として競うだけではなく、ゲームを楽しむという意味でeスポーツないしゲームは、老後のゲートボール等に変わるスポーツにまで成長するかもしれません