MHWソロ初心者のライトボウガンを使用した感想

モンスターハンターワールド

数日前からカプコンから発売されているPS4「モンスターハンターワールド(MHW)」をプレイしています。

 

モンハンシリーズは初めて遊んでいます。

使用武器は太刀とライトボウガンを使っています。

 

そこで、本日はモンハン初心者のうちにライトボウガンを使っていて思ったことを記事にしたいと思います。

 

MHWソロ初心者のライトボウガンの使用感

※あくまでも個人的な意見です。
※ゲームは30年以上遊んでいます。
※過去のモンスターハンターシリーズは未経験です。
※ソロの際の使用感です。
※プレイ日数4日、ガチ初心者時代の記事です。

 

MHWライトボウガン

モンハン童貞がモンスターハンターワールドでライトボウガンを実際に使用してみて、特に感じた利点と欠点を3つずつ挙げてみました。

 

利点

ライトボウガンの特に良い部分を3つ記載します。

 

動きやすくて攻撃が避けやすい

距離をとりながら攻撃できますし、素早く動けます。

序盤の敵なのか直進的な動きが多いので、攻撃が避けやすくて、やりやすいなと思いました。

序盤でライトボウガンを使っていると、回復は殆ど使用していなかったと思います。

 

状態異常弾など特殊な弾が使える

回復弾などの回復系や、麻痺弾、毒弾などモンスターを状態異常にする弾も使用することができます。

ジワジワ倒していく所がハンターぽくて楽しいですね!

 

状態異常弾だけではなく、炎弾などの属性系、回復弾など様々な弾が使えます。

敵によって弾を変えたりなど戦略性もありそうです。

 

飛んでる敵に強い

ライトボウガンということで、飛んでる敵にも攻撃が当たる所が良いですね。

近接武器だと攻撃が届かないですからねえ。

 

 

欠点

装填数が少なく、弾の補充が面倒

攻撃をする際の弾数は決まっており、使い果たすとその度ごとに補充をする必要があります。

通常では、1番多い通常弾でも6発(1発で3連射するので正確には18発)。

随時、補充する必要があります。

 


↑こんな感じで使い果たすと弾が撃てなくなります。

補充時間は弾にもよりますが、通常弾だと1~2秒くらいかかります。

 

中には1発撃つと補充が必要な新裂弾のような弾もあります。

装填数が少ないことで毎回の弾の補充が面倒だなと感じました。

 

射程距離が短い

ライトボウガンということで遠方から狙撃もできるかな?と思いました。

しかし、思ったより射撃距離が短く、遠距離攻撃というよりは中距離攻撃という感覚がありますね。

 

離れすぎて距離が届かず、遠いと敵に当てても1ダメージのような低いダメージしかでません。

特に散弾は、近接攻撃並みに敵に近づかないと弾が当たらないという状況です。

 

威力が弱い

↑強化していないと1~3ダメージほどしか与えられないことも・・・

 

中距離から攻撃できて速く動ける分、仕方ないと思いましたが、攻撃力は弱いです。

同じ強化段階とレア度の太刀と比較してもダメージが低く、倒すのにどうしても時間がかかるといった印象です。

 

速く倒すには特殊弾の「起爆竜弾(※)」が強いので有効活用していく必要がありそうです。

 

(※)「起爆竜弾とは?」
その場に起爆性のある爆弾を設置することで起爆させて敵にダメージを与えます。
爆弾は3発まで連続で使用することができます。
その発射後は約1分経過するごとに1発ずつ再使用可能になります。

 

上の赤丸部分は、特殊弾の「起爆竜弾(※)」で爆弾を設置したものです。

 

設置した爆弾に弾を当てると、爆発して敵に大ダメージを与えることができます。

1度爆発してもすぐに消えずに何度か使うことが出来ることが良いですね。

爆発に巻きこむには、爆弾を仕込んだ位置まで敵を誘導する必要があります。

 

うまく爆発に巻き込ませると30ダメージくらいを与えることができました。

ちなみに通常弾では1~17ダメージだった敵です。

 

使用動画

モンハン初心者がライトボウガンを使ってみたという動画です。

4日目ということで、土砂竜ボルボロスの動画です。

倒すのに時間はかかるかもしれませんが、攻撃が避けやすいので死ににくく、初期の慣れないうちはライトボウガンは非常に良いなと感じました。