「日本ゲーム大賞2018」年間作品部門優秀作品11作発表!大賞は?

シェアする

9月20日、千葉幕張メッセで開かれている東京ゲームショウ2018において「日本ゲーム大賞2018」の受賞式があり、年間作品部門優秀作品11作や最優秀作品が選ばれました。

「日本ゲーム大賞2018」年間作品部門

受賞作品対象は2017年4月1日から2018年3月31日の間に日本国内でリリースされた全作品が対象です。

作品基準は以下の通り

1.コンシューマー向け家庭用ゲーム機(据え置き型、携帯型他)対応の作品、パソコン対応の作品等、全てのコンピュータエンターテインメント作品を対象とし、プラットフォームの制限は設けません。

2.一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会の非会員による作品も対象とします。(但し、CESA倫理規定に則るものに限られます。)

3.海外作品の日本版移植作品も含みます。

大賞

大賞は1作品。

「日本ゲーム大賞2018」大賞は「モンスターハンターワールド」でした。

おめでとうございます!

優秀賞

2017年4月1日から2018年3月31日の間に日本国内でリリースされた全作品

受賞11作品は以下の通り

・FATE/Grand Order(公式サイト

・スプラトゥーン2(公式サイト

・ドラゴンクエスト11(公式サイト

・Undertale(公式サイト

・スーパーマリオ・オデュッセイ(公式サイト

・コールオブデューティ・ワールドウォー2 (公式サイト

・ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(公式サイト

・ゼノブレイド2(公式サイト

・PUBG(公式サイト

・モンスターハンターワールド(公式サイト

・フォートナイト(公式サイト

グローバル賞

日本作品部門

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(公式サイト

海外作品部門

コールオブデューティ・ワールドウォー2 (公式サイト

ベストセールス賞

ドラゴンクエスト11(公式サイト

スポンサーリンク

フォローする