PS5本体、安い方と高い方の違い!どっちのモデルが良いの?

Playstation5PS4・PS5関連

エノタカです。

ソニーの最新ゲーム機であるPlaystation5本体が2020年11月12日(木)より発売開始されます。

その本体ですが、2種類出ることがわかっています。

そこで、本日は高い方と安い方のPS5の違いについて記事にします。

PS5本体の違いがわからず、どっちのモデルを買おうか迷っている方はご覧ください。

 

PS5のモデルについて ー2020年11月12日(木)発売ー

2020年11月12日(木)、PS5は2種類のモデル「CFI-1000A01」と「CFI-1000B01」が発売!!

 

PlayStation5 通常版 ディスクドライブ搭載モデル(CFI-1000A01)

PlayStation5 通常版 ディスクドライブ搭載モデル(CFI-1000A01)

いわゆる高い方のPS5です。

Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えたモデルで価格は49,980円ほどです。

 

 

PlayStation5 デジタル・エディション ディスクドライブ非搭載モデル(CFI-1000B01)

PlayStation5 デジタル・エディション ディスクドライブ非搭載モデル(CFI-1000B01)

いわゆる安い方のPS5です。

価格は39,980円ほどです。

 

 

2つのPS5本体違いは?

高い方(CFI-1000A01)がディスクドライブが搭載されており、ゲームのディスク版、ダウンロード版を遊ぶことができます。

一方、安い方(CFI-1000B01)は、ゲームのダウンロード版のみを遊ぶことができ、ディスク版は遊ぶことができません。

エノタカ
エノタカ

2つのPS5本体の違いはディスクドライブの有無です。ディスクドライブのある方は、ソフトのディスク版が遊べ、1万円ほど高くなっています。

 

どっちのPS5本体が良いの?

初期価格で1万円ほどの違いがありますが、個人的には「PlayStation5 通常版 ディスクドライブ搭載モデル(CFI-1000A01)」の高い方を推奨します。

なぜなら、ディスク版ができるかどうかで選択肢が増えるからです。

 

まず、ディスク版であればソフトを売ることができます。

ダウンロード版はソフトが売れないので、もしあなたに合わないゲームを購入した際や、全く遊んでいないゲームをずっと持っていることになります。

 

ゲームの本体やソフトの価格が高い!安く購入するには?
僕はゲームを遊んで30年以上になりますが、ゲームって昔に比べると異様に高くなっていますよね。 ソフトも1万円以上のものも、ざらではなくなってきました。 そこで、本日はゲームをできるだけ安く購入できるように記事にしたいと思います。 良か...

ディスク版は売ることができます。また、本体も高い方がより高く売れます。

売値を考えると安くゲームは遊べます。

 

また、ゲームソフトではダウンロード版、ディスク版で特典が違う時があります。

欲しい特典がディスク版であった場合、ディスクドライブなしのPS5本体ではディスク版は遊ぶことができないため購入しずらいです。

1万円の差で選択肢を狭めるのは勿体ないです。

 

更にディスクなら友達と貸し借りが出来るので、購入するか迷ったときに借りたりできます。

 

本体を売る時にも高く売れます。

基本的に良い事だらけなので、1万円が勿体ない、どうしても「PlayStation5 デジタル・エディション ディスクドライブ非搭載モデル(CFI-1000B01)」が良いという方以外は、高い方のPS4の購入を推奨します。