ブラッククローバー カルテットナイツPS4体験版の感想・評価レビュー

レビュー記事

2018年9月13日にバンダイナムコエンターテイメントから発売されたばかりのPS4版「ブラッククローバー カルテットナイツ」の体験版を遊んでみました。

 

PS4 ブラッククローバー カルテットナイツ

週間少年ジャンプで人気の田畠裕基さんの描く「ブラッククローバー(https://bclover.jp/)」をゲーム化したアクションRPGです。

発売元はバンダイナムコエンターテイメントですが、開発は、inlix(http://www.ilinx.co.jp/)が行いました。

 

PV

 

物語・ストーリー

魔法が全てという国で、「諦めないことが俺の魔法だ!」という熱い心を持った少年であり、全く魔法が使えないアスタという少年が主人公の物語です。

 

「魔法帝」と「魔法騎士団」と呼ばれる9つの魔道士集団によって世界が統治された魔法が全てのとある世界。

全く魔法が使えない主人公「アスタ」は悪魔が宿るとされる「五つ葉」が記された黒い魔導書を手に入れ、魔法を無効化する「反(アンチ)魔法」の能力を駆使して仲間と共に「魔法帝」を目指し、戦いの日々に身を投じます。

本作では、オリジナルアニメも収録した、新たな「ブラッククローバー」のストーリーが展開されます。

 

時空を超え、限界を超える騎士達の戦いが幕を開ける・・・

 

ゲームの特徴

4つのロール

 

・ファイター

・シューター

・サポート

・ヒーラー

 

4つのロールから選択できます。

体験版ではアスタのファイターのみです。

 

ファイター

チームの中でも攻撃の要となるロール。

敵陣に斬り込んでいくための突進攻撃や高速な短距離射撃など、接近戦で大ダメージを狙える魔法が多い。

 

シューター

遠距離からの射撃戦に長けたロール。 高台や遮蔽物を利用し、上手く位置取りを行うことで、敵の襲撃、味方の援護の両方を担うことができる。

 

サポート

支援魔法を持つロール。 設置型の防御魔法や、味方の能力向上、敵の能力低下など、チームを有利にする効果を持つ魔法などを駆使して戦う。

 

ヒーラー

回復魔法をもつロール。

設置型の回復魔法や、周囲の味方を回復させる魔法など、多彩な回復方法で味方を守ることができる。

 

4vs4で戦う魔法バトルアクション

魔法を使って4人編成のチームで戦う「チーム対戦型魔法バトルアクション」。さまざまな魔道士の中から1人を選び、仲間と共に勝利をめざそう!

反(アンチ)魔法、風魔法、闇魔法、鏡魔法といった種類豊富な魔法を使用する魔道士たち。1人1人が全く異なる特徴を持ち、その個性の把握がバトル攻略の重要なポイントとなります。

4vs4で繰り広げられる魔法バトルにおいてはチームでの連携が不可欠。仲間とタイミングを合わせて発動する「連携魔法」システムを駆使して敵を圧倒しよう。

 

また、魔法バトルは多種多様なマップで繰り広げられます。高低差や障害物など、それぞれに固有の特徴を把握し、戦略的に立ち回れるかどうかもチームの勝敗を大きく左右するだろう。

 

様々なルールのもと繰り広げられる魔法大戦

エリア制圧戦

魔法リングが出現したエリアを、どちらのチームが先に占拠するかを競うルール。マップ内に設置された魔法リングにチームの魔力を溜め、エリアを占拠しよう!

 

トレジャーハント

マップ上にランダムに現れる「魔道鍵」を手に入れ、宝箱を開けることで点数を稼ぎながら敵チームと戦うルール。仲間と連携し、敵の侵攻を阻止しつつ宝箱を目指して勝利をつかもう!

 

クリスタルキャリー

マップに登場した巨大なクリスタルを移動させ、どちらのチームが先に目標地点までクリスタルを到達させることができるかを競うルール。攻撃側、防御側に分かれ、クリスタルを巡った攻防に勝利しよう!

 

概要

タイトル

クローバーカルテットナイツ

 

発売日

2018年9月13日

 

対応機種

PlayStation4

 

価格

7600円+税

 

プレイ人数

1人(オンライン時1~8人)

 

ジャンル

アクションRPG

 

体験版ダウンロード

PSストアの「こちら」からダウンロードできます。

 

体験版感想

途中でチュートリアルがあり、操作を覚えながら進行ができます。

体験版は順調に行けば、だいたい30分以内で終わります。

 

長所

ビジュアルが繊細

個人的な好みもありますが、キャラクターのビジュアルが良かったです。

フェアリーテイルぽい作画ですね。

 

マルチプレイができる

PlayStationPlusに加入していれば、マルチプレイが可能です。

ただし、製品版が発売されているためかマッチングはしませんでした。

 

アクションが爽快

体験版は主人公のアスタのみの操作でした。

近接ファイターのスピード感があって良かったですね。

本編では他キャラも操作することができ、ファイターを含めた4つのロール)から自分の得意なものを見つけたり相性の合うキャラを見つけられるようです。

 

短所

操作性

初期設定が基本的にダークソウルのようなR1、R2で攻撃する形になりますので、慣れない方はボタン設定などで配置を変えた方が良いかもしれません。

 

カメラワーク

反転する時などカメラワークにやや難があると感じました。

これはボタンの配置による操作性同様に慣れの部分もあると思います。

 

体験版プレイ動画

ブラッククローバー カルテットナイツ PS4体験版 声なし

声なしでノーカットのブラッククローバーカルテットナイツの体験版プレイ動画です。

約15分ほどの動画になります。

実際の体験版ではムービーがありますが、撮影禁止部分でした。

雰囲気だけつかんでもらえたら嬉しいです。