日本の芸能人が登場(出演)するゲーム8選

ゲーム雑記

先日の記事でキムタクが登場するPS4ゲームを紹介しました。

日本の芸能人がゲームの中に登場するのはキムタク以外も多数います。

そこで、本日は日本の芸能人が登場するゲームから8つをご紹介。

あんな芸能人も出ていた・・・!?

 

芸能人が登場するゲーム

鬼武者

『鬼武者』(おにむしゃ)は、カプコンが発売したPlayStation 2 (PS2) 用の戦国サバイバルアクションゲーム。全世界で累計200万本以上を売り上げた。爽快感抜群の技もあり、僕も非常に楽しめましたね。

主人公の明智介を演じるのは俳優の金城武。鬼武者1と3に登場しました。

 

2018年12月20日、鬼武者がPS4、任天堂スイッチ、Xboxで生まれ変わり発売される。

 

 

鬼武者2では故:松田優作が主人公。メガヒット版がお得。PS2版。

 

 

龍が如く

『龍が如く』シリーズの全世界累計売上(ダウンロード含む)は2017年時点で1000万本以上に達している爽快アクション。

このシリーズの良さはストーリーの良さと細かい描写、オマケ要素の充実。既存のゲームにはあまり見られない個性があり面白い。

 

この「龍が如く」シリーズでは多くの芸能人が登場することで有名です。

2016年発売の「龍が如く6」ではビートたけし、藤原竜也、宮迫博之等が登場。既に累計90万本を売り上げ、日本だけでなく、海外での売り上げも好調。

 

 

 

武刃街

『武刃街』(ぶじんがい)は、2003年12月25日に タイトーより発売されたPlayStation 2用ソフト。アクションゲーム。主人公の劉王羽のモデルはアーティスト・俳優のGackt。

 

 

 

たけしの挑戦状

『たけしの挑戦状』(たけしのちょうせんじょう)は、1986年12月10日にタイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。アドベンチャーゲーム。タレントのビートたけし自身も監修に加わりました。

ヒントはほとんどなし、めちゃくちゃなバランスゲームに「偉大なるクソゲー」として伝説になった。一方、破天荒なこのゲームは、多くのファンの心をつかみ、たけしの人気もあり、当時ではドラゴンクエスト並の80万本と売れました。

 

「こんなゲームにまじになっちゃってどうするの?」は、遊んだことのない人でも聞いたことがあるかと思います。ゲームオーバーの条件が理不尽すぎて面白いw

 

 

 

さんまの名探偵

ナムコ(現在のバンダイナムコエンターテイメント)が1987年に発売したアドベンチャーゲーム。ファミコンソフト。

明石屋さんまを始め、桂文珍、西川のりお等、数多くの吉本興業の芸人が登場しました。

よく出来た作品で現在でも名作とも言われています。

 

ナイナイの迷探偵

ナムコ(現在のバンダイナムコエンターテイメント)が1987年に発売したアドベンチャーゲーム。プレイステーション用ソフト。

さんまの名探偵の後釜ともいえる作品です。ナイナイだけではなく、極楽とんぼ、今田耕司、東野幸次、山田花子など、当時の吉本若手人気芸人が登場していることで話題になりました。

ミニゲームが収録されており勝敗によらず進められ、本気を出せば半日以内でゲームをクリアすることも可能。

 

 

ラサール石井のチャイルズクエスト

ナムコ(現在のバンダイナムコエンターテイメント)から1989年に発売されました。アドベンチャーゲーム。

タイトルにラサール石井の名前を冠しているものの、あくまでお笑いアイドルグループ「チャイルズ」をプロデュースしている意味合いからであるとされています。そのため、石井本人は本作の企画、開発にほとんど関与していません。

「チャイルズ」にアイドル時代の磯野貴理子がおり、尿意を管理したりするおふざけや、推理、サスペンス、お色気、ミニゲーム、罪を犯した人の悲しみ等が、バランスよく配されています。難易度はやや高め。

 

 

 

ボイスアイドルマニアックス プールバーストーリー

勝ったご褒美に当時の人気声優さんとデートができるというビリヤードゲーム。

声優ブームはこの時代から徐々に始まり、セガサターンで発売された。

登場する声優さんは、西原久美子さん、深見梨加さん、篠原恵美さん、西村ちなみさん、高田由美さん、池澤春奈ちゃん、藤崎詩織さん、宍戸留美さん。