【Apex】レジェンド構成、世界大会でわかった最強組み合わせはこれだ!

APEX PRESEASON INVITATIONALAPEX LEGENDS

先日、2019年9月13日~16日(日本時間)にポーランドでApexLegendsの世界大会「Apex Legends Preseason Invitational」が開催されました。

大会ページは「こちら

そして、この世界大会の決勝ラウンドの各チームのレジェンドの組み合わせが全て同じであったと話題になっています。

 

ApexLegendsの最強構成は・・・

2019年9月、Apexの最終ラウンド(DAY3)まで進出した20チームの構成は全て同じでした。

 

▼ApexLegends最強構成

パスファインダー
レイス
ワットソン

 

↑DAY3の動画はこちら

全てのチームがこの構成なので是非見てくださいw

エノタカ
エノタカ

ここまで世界大会の上位者の構成が同じだと、今後、この3レジェンドに関しては調整があるでしょうね。

 

パスファインダー

今大会の80チーム全てで見られたレジェンドかと思われます。

 

過去のパッチでヒットボックスが修正されたりと弱体化はされてはいます。

しかし、ジップラインで高速移動、高所をとれる強みから外せないレジェンドですね。

 

Apex Legends $500k Preseason Invitational in Krakow, Poland – Day 3

ジップラインを使って一気に詰めたり、逃げることも可能。

 

クールタイムが短いジップラインはあまりにも便利すぎます。

クールタイムを長くしない限り、今後も使われていくレジェンドでしょうね。

 

【Apex】パスファインダーの初心者向け立ち回りや知識について
PC・PS4・XboxOneで無料配信中のバトロワFPSのApexLegends。 様々な個性的なキャラクター(以下、レジェンド)が操作できます。 本日はその中の1人(1体)であるロボット「パスファインダー」について実際に使用した感想な...

 

レイス

世界大会に出るような人達はエイムが抜群にうまく、普通に移動すると蜂の巣にされます。

 

Apex Legends $500k Preseason Invitational in Krakow, Poland – Day 3

よって、ポータルをつなげ、瞬時にワープできることが可能なレイスは非常に貴重ですね。

世界大会でも特に終盤で活躍している印象がありました。

 

終盤の虚空も見事ですね。

 

レイスもパスファインダーのように殆どの出場チームが使用していたかと思われます。

 

【Apex】レジェンド「レイス」の初心者向け立ち回りや特徴について
PC・PS4・XboxOneで無料配信中のバトロワFPSのApexLegends。 様々な個性的なキャラクター(以下、レジェンド)が操作できます。 本日はその中の1人である「レイス」について実際に使用した感想などを記事にして行きます。 ...

 

ワットソン

パイロンの設置数の変更、被ダメ5%増加など弱体されています。

しかし、ワットソンも外せないレジェンドになっていますね。

 

Apex Legends $500k Preseason Invitational in Krakow, Poland – Day 3

Apex Legends $500k Preseason Invitational in Krakow, Poland – Day 3

やはりグレネードを無効化できるパイロンの存在は非常に大きく、各チームがワットソンの電気フェンスとパイロンによる防衛の要塞を築いていることが印象的でした。

アーマーも回復するも大きいですね。

 

予選ではワットソンの代わりにコースティックやジブラルタルを使っていたチームもありました。

しかし、決勝で残ったのは全てワットソンのチーム。

 

パイロンによるジブラルタルやコースティックのアルティメットの無効化、そして防衛の強さ(特に終盤)。

世界大会の最終日のチーム編成からもワットソンが優勢という印象です。

 

【Apex】ワットソン(ワトソン)の特徴、評価、立ち回りについて
PC・PS4・XboxOneで無料配信中のバトロワFPSのApexLegends。 様々な個性的なキャラクター(以下、レジェンド)が操作できます。 本日はその中の1人である天才キャラ「ワットソン」(※)について記事にしていきます。 ...

 

Apex世界大会「Apex Legends Preseason Invitational」結果

出場チームは80チーム。

 

優勝はeスポーツのプロチームである「TSM」でした。

 

TSM創業者は27歳のAndy Dinh。

彼はリーグ・オブ・レジェンドのプレイガイドラインや招待制トーナメントを公式よりも先に開催していたやり手でそのまま経営者となった肩書きを持っています。

そして「2位では満足できない闘争心を持っている」と彼に投資した投資家は述べています。

 

日本は2チームが出場。

残念ながら予選11位と20位でラウンド1で敗退しました。

 

なかなか日本はeスポーツのチーム戦では結果を残せていない印象です。

個人戦では格ゲー、ウイイレなど強いんですけどねえ。

 

とはいえ、日本はeスポーツの歴史が浅く、これからでしょう!

 

Handmade Potionは、10位までに入ればDAY2に進めたので惜しかったですね。

キル数のポイントであと1ポイント足りなかったようです。

今回は残念でしたが、お疲れ様でした!

 

Twitter

 

世界大会はリングのラウンド3まで1チームも落ちない試合もあったりと非常に慎重。

かつ、レベルの高い試合で驚きました。