【Apex】レジェンド「ワットソン」の特徴や感想・評価について

apex ワットソンAPEX LEGENDS

PC・PS4・XboxOneで無料配信中のバトロワFPSのApexLegends。

様々な個性的なキャラクター(以下、レジェンド)が操作できますが、本日はその中の1人である天才キャラ「ワットソン」について実際に使用した感想などを記事にして行きます。

※日本ではワトソンとも言われています。

 

ワットソンのキャラクター(レジェンド)について

ワットソンに関しては、公式の「こちら」のページでも基本情報が確認できます。

 

↑ワットソンがどんなレジェンドなのかは上の公式動画で!

シーズン2から実装された少し生意気そうな可愛らしい女性キャラです。

 

ナタリー“ワットソン”パケットはApexゲームの有名人物だが、その背景にはかなり特殊な事情がある。

ゲームの主任電気技師の娘として生を受けた彼女は、父の傍らへ留まるための術を体得し、幼少期には自身の天分を明らかにしていた。

心ここに有らずの呈を示したかと思えば、瞬く間に圧倒的な集中力を発揮するという定かならぬ彼女の心を鎮めたのが、電気の存在だった。

その秩序正しく予測可能な奔流に、彼女は誰もが理解できぬ正しさを見出したのだ。

 

彼女はありとあらゆる専門書を読み漁り、Apexゲームの拘束変性リングの建造を託されるほどの敏腕技師として成長を遂げた。

残念ながら、ワットソンの父はリングの落成日に娘を残して他界している。

絶望に打ちひしがれた彼女の前に、ともにアリーナへ戻ろうと誘う戦闘集団が現れた。

そこには、常に居場所が存在するという。

彼女は今、建造に携わったアリーナで友と戦っている。

飛来するミサイルを破壊し、シールドを再充填しつつ、フェンスを立て、パイロンによって加熱した戦闘を鎮静化するのがその役割だ。

ワットソンは誰よりもアリーナを熟知している。

彼女を侮ったものは必ずや、電撃の痛みを知るだろう。

 

公式のシーズン2のワットソンが登場するPVは好きですね。

 

シーズン2からの新キャラですが、レジェンダリースキンも既に存在しています。

上はサイバー・セキュリティ。

 

全体的にワットソンのレジェンダリースキンは不評ですが、個人的には好きですw

 

ワットソンの顔の傷

apexワットソンのリフテンブルク・スカー

ワットソンの顔には「リヒテンベルク・スカー」という顔の傷跡が残っています。

これは高濃度の電力を浴びると人体に形成されるリヒテンブルクの図形(上赤枠)の傷跡です。

主に落雷を受けた際の人体に残る傷跡とされています。

 

設定上には記載されていませんが、恐らく、過去の作業で高濃度の電流を浴びたようです。

 

日本語ボイスの声優は?

実は、ワットソンの日本語ボイスの声優はケンユウオフィス所属の近藤唯さんであると知られています。

近藤さんは、「アイドルマスター ミニオンライブ!」の篠宮可憐」(しのみや かれん)、トイ・ウォーズの海藤茜などの声を担当しています。

 

彼女の回復時の喘ぎ(あえぎ)声がいやらしい!と一部の健全な男性ユーザーから人気です。

 

英語ボイスの声優は?

英語版のワットソンの声優さんは、歌手で女優でもあるスランス人のJUSTINE HUXLEYさん。

 

彼女のツイッターは「こちら

 

ワットソンのアビリティについて

ワットソンの各アビリティ(バッシブ・戦術・アルティメット)について解説します。

 

バッシブアビリティ/天才のひらめき

アルティメット促進剤を使用すると、アルティメットアビリティの「インターセプトパイロン」がフルチャージとなり即使用することができます。

 

インターセプトパイロンは最大3つ1つ(※)まで設置(使用1回1つ設置可能)できることから、常に促進剤を1~2個所持しておくと良いでしょう。

※パッチでパイロンの最大設置数が3→ 1に修正されました。
詳細は「こちら

 

また、「天才のひらめき」でインターセプトパイロンの近くにいると戦術アビリティ「周辺セキュリティ」でフェンスの再使用が4秒に短縮されます。

すばやくフェンスを立てる事ができます。

 

 

戦術アビリティ/周辺セキュリティ

ノード(※)を接続して電気フェンスを作成。

(※)ノードとは、点と線で書いたときの点の部分のことを指します。

 

敵に10ダメージを与え、行動を遅らせます

 

ノードは4本まで同時設置可能で最大12本まで置くことが可能です。

 

apex 電気フェンスを結合してリング状に

電気フェンスを結合して、電気リングのようにすることもできます。

なお、敵のワットソンが置いたノードとも結合することも可能です。

 

ノードの下の台座の部分を破壊すると、フェンスを破壊することができます。

棒の部分ではなく、ノードの下の円の部分に当てないと破壊できないのでご注意ください。

 

また、フェンスの電気部分に扉が触れると扉が破壊されます

 

使い道・コツ

ノードとノードを接続して設置するために罠の設置に時間がかかります

コースティックのようにガストラップを置いて簡単に発動させることはできません。

 

また、フェンスのダメージは10ダメ、かつ、行動遅延も短時間。

よって、半端なフェンスであれば、敵は無視して突撃してくることも多々あります。

 

戦闘中には使い辛く、設置中は銃は撃てないので、ただの的になります。

計画性が重要になるでしょう。

 

個人的な電気フェンス設置のおススメは、壁に近く、ドアから離れた位置。

つまり、破壊しにくい部分です。

 

よって、撃たれにくく、ドアから離れたできるだけ長めに電気フェンスの罠を張ると良いでしょう。

なお、グレネード等でも当たれば破壊可能です。

 

また、ノードの間に立つことで電気フェンスが見えなくなります。

あえて間に立ち、敵が接近してきたら離れると罠にひっかかりやすくなります。

 

フェンスの縦置きも有効かと思います。

まず上動画のように見た目で見えませんし、きちんと直角で設置できれば扉を開けても電気部分に当たらず、破壊されることもありません。

エノタカ
エノタカ

フェンスは破壊されるとわかるので敵の位置を知る索敵用に設置しても有効ですよ!

 

アルティメットアビリティ/インターセプターパイロン

電気パイロンを設置します。

効果範囲は半径12mの円内。

 

パイロンは飛んでくる軍需品を破壊(敵、味方問わず)して、シールドの損傷を徐々に修復します。

ただし、近くにいる敵、味方問わずに回復します。

 

アルティメット1回につき1つまで設置可能。

パイロンは最大1つまで設置可能です。

エノタカ
エノタカ

アルティメットのパイロンが近くに2個あってもシールドは2倍の速度で回復。3つあると3倍のように加速することはありません。何個あっても同じ修復速度です。

 

ノードより硬いもののパイロンも破壊可能です。

 

パイロンを設置すると、クールタイムが4秒になり、12個まで一気にノードを設置することができます。

 

クールタイムは180秒

 

使い道

パイロンは、軍需品だけではなく、ジブラルタルやバンガロール、コースティックのアルティメットアビリティ、バンガロールのスモークランチャーも防ぎます。

 

よって、広場での戦闘でもパイロンを置くことを推奨します。

フェンスも素早く設置できるようになり、敵の侵入を防ぐこともできます。

死にそうになったらパイロン中心の罠の設置地点に逃げ込んで回復することができます。

グレネード等が効かないので非常に攻めにくいです。

エノタカ
エノタカ

パイロンを設置することで素早く罠を張ることができ、広場も要塞化することができます。

 

また、シールドを回復するシールドセルや、シールドバッテリーがない際にも代わりに使うのも良いでしょう。(ただし、回復は遅い。)

 

パイロンは特に終盤の防衛時には非常に有効です。

アルティメット促進剤は常に1~2個は持ち合わせておきたい所です。

 

パイロンは破壊することが出来ます。

よって、できるだけ敵から見えにくい位置に設置しましょう。

 

ちなみにウルトが近くにあるとミラージュのデコイエスケープがまる見えになります。

レイスの「虚空へ」は効果がない模様です。

 

エノタカ
エノタカ

半径12mの円内と狭いもののパトロンで投げ物やウルト等が無効化されるので高所にいるワットソンPTは非常に厄介です。

 

 

その他

基本体力へのダメージが5%増加しました。(被ダメ5%)
詳細は「こちら

 

ワットソンを使用した感想と評価

初心者おススメ度 ★☆☆☆☆ (1/5段階)

5段階評価の1になります。

 

現状では他レジェンドに比べると1番難しく、初心者にはあまりおススメできないレジェンドかと思われます。

ただ、遊んでいくと慣れていき、どんどん楽しくなってくると思います。

 

特にバンカーやサプライシップのような一方通行の場所や、終盤の安置が室内戦であった際に抜群の強さを発揮します。

エノタカ
エノタカ

パイロンで投げ物は無効化されます。敵にワットソンがいると攻めるのは面倒ですね。

 

コースティックとの連携が抜群で室内戦では最強の相性があります。

ただし、電気がガストラップに当たるとガスが噴射されますので注意です。

 

レイスのポータルの出口に設置してハメたり、バンガロールのスモークで罠を見えなくするなど他レジェンドとの連携次第で可能性が高まります。

エノタカ
エノタカ

味方との連携ができれば罠がより効果的になり、防御は鉄壁。

非常に強くなります。

 

実際、海外のプロチームの構成ではワトソン入りのPTを普通に見ます。

チームの連携がとれていれば非常に有効なレジェンドかと思われます。

 

当たり判定について

ワットソンはふくよかな体つき。

ヒットボックスは、かなり大きなものかと思われました。

しかし、上動画で検証されているもの等を見ると意外と小さくて驚きます。

エノタカ
エノタカ

腰につけたり、背負っている物は当たり判定がないようです。恐らく、オクタン並みのヒットボックスかと思われます。

 

ただし、ワットソンはシーズン2で登場したばかりのレジェンドです。

今後、調整の可能性があります。

 

ワットソンはこんな人に向いている

知的な天才タイプが好きな策略家が向いているかと思います。

 

電気フェンス自体はコースティックのガストラップに比べて10ダメージと殺傷能力はありませんし、視覚を悪くする効果もなく、構わず突っ込まれる時があります。

 

また電気フェンスは外から目立ち、複数フェンスをたてて張っていると遠方からでもこちらの位置がバレバレになることがあります。

 

ただ、ある程度は敵の動きをけん制、限定できます。

 

また、パイロンはグレネードやジブラルタル、バンガロール、コースティック、ミラージュのウルト等を無効化できます。

 

アビリティの使用タイミング次第では、戦局を圧倒的有利に戦うことが可能です。

 

ApexLegendsの感想・評価レビュー!初心者でも勝ちやすいから面白い!
PS4・PC・Xboxで無料で遊べるApexLegendsが本当に楽しいです。 楽しすぎて筋肉痛になりました。 そして、回復したらまたやってしまい腱鞘炎になりましたw それくらい楽しいです! 僕のツイートをたどってくれるとわ…

↑ワットソン以外の他キャラの使用感なども書いています。