Apexレジェンドの当たり判定(ヒットボックス)のアプデ修正後比較

APEX LEGENDS

ApexLegendsのキャラクター(レジェンド)ごとに比較してどれくらいヒットボックスが違うのか調べてみました。

※シーズン14のデータをもとにしています。

 

ヒットボックスについて知るべきこと

まず、ヒットボックスと、その当たり判定はアップデートで良く変更されています

 

Apexのヒットボックスについて色々な所で検証されていますが、走っている時、銃を構えている時、ジャンプ時、しゃがみ時、立ち時などそのレジェンドのモーション、すなわち、状態次第でヒットボックスの大きさは変わることをまずは理解する必要があります。

 

例えば、シーズン6でレジェンドの1人であるレイスの前がかりなダッシュ(走り)である「ナルト走り」が削除されました。

これはナルト走りをしたレイスが更に小柄になって大きな影響を与えていたからです。

 

Apexの「アフターマーケット」のパッチノートでレイスのナルト走りを削除した理由として、こう書かれています。

彼女独自のダッシュモーションが(背中を丸める動作によって)体勢を下げる働きを担っている程度が判明し、敵にとっては着弾領域が狭まっていたことが明らかになりました。あまり大きな違いには思えないでしょうが、彼女の当り判定がそもそも小さかったことを加味すると、大きなアドバンテージが生じていたのです。

エノタカ
エノタカ

しゃがむだけでも相当ヒットボックスは狭くなります。

 

本日、記事にするヒットボックスは銃を構えた時です。

状況によっては、ヒットボックスの大きさは変わります。

 

Apexシーズン14各レジェンドのヒットボックス

順位 レジェンド名 大きさ(ピクセル数)
1位 クリプト 83000
2位 バンガロール 84000
3位 レイス 85000
4位 ホライゾン 86000
5位 パスファインダー 89000
6位 アッシュ 90000
7位 オクタン 91000
8位 ヴァルキリー 93000
9位 マッドマギー 95000
9位 ローバ 95000
11位 ヴァンテージ 97000
12位 ライフライン 98000
13位 ワットソン 99000
14位 レヴナント 101000
15位 シア 103000
16位 ブラッドハウンド 105000
17位 ランパート 107000
18位 ヒューズ 108000
19位 ミラージュ 111000
20位 コースティック 120000
21位 ニューキャッスル 141000
22位 ジブラルタル 142000

※順位は小さい順
※銃を構えた際のヒットボックスです。

 

ヒットボックスの歴史

Apexのヒットボックスの歴史を書いています。

Apexは2019年2月から開始されましたが、ヒットボックスはめちゃくちゃ変わっています。

 

現時点のヒットボックスのことのではないのでご注意下さい。

こんなことがあったんだなーという感じでみると面白いかも。

 

最初のヒットボックスの変化は、シーズン1から既に始まっていました。

アップデート1.05でジブラルタル / コースティック / パスファインダーのヒットボックスがレジェンドの外見と同様に調整されました。

(原文はSeason 1: Wild Frontier Patch Notesに書かれています。)

今後もこのようにヒットボックスは随時変更される可能性があることは最初にご理解下さい。

 

シーズン1から既に調整がはいっていたパスファインダーでしたが、その後も何度もヒットボックスを調整されています。

エノタカ
エノタカ

かつて、パスファインダーは一瞬で高所をとれる強レジェンドでプロの大会でもほぼパーティに1人はいました。

よって、当時のパスファインダーのヒットボックスの調整は非常に難航しており、頻繁にヒットボックスが調整されています。

 

当初、パスファインダーは当たり判定も大きすぎでした。

なんとコースティック並みにあったんです!w

 

それからパスファインダーは、小柄のパッシブがつけられるほど急速にスリム化しました。

 

パスファインダーヒットボックス

ちなみにパスファイダーは以前は当たっていた肩の部分が当たらなくなっているとか。

 

Apexパスファインダー当たり判定

トレーニングモードで試すとわかるのですが、当たらない部分が増えました。

少なくとも赤丸の所は当たりませんでした。

正直、修正後のパスファインダーの足の部分を当てるのはかなり難しいと感じています。

狙うのは上半身の中心しかないという感じがしました。

エノタカ
エノタカ

初期のパスは身長が高くて幅が狭い棒みたいな当たり判定で身長188cmなのに小柄のパッシブがあったりとめちゃくちゃでしたw

 

なお、シーズン5開始段階での当たり判定は小さい順に以下のようになっていました。

()内の大きさはおおよそです。

レイス(33)<バンガロール(37)<パスファインダー(37)<ライフライン(37)<ワットソン(38)<クリプト(39)<オクタン(40)<ブラッドハウンド(41)<ローバ(44)<ミラージュ(51)<レヴナント(51)<コースティック(52)<ジブラルタル (68)は平方センチメートル

ジブラルタルは最大のヒットボックスですが、体の約1/3を隠すガンシールドがあります。

 

【Apex】パスファインダーの初心者向け立ち回りや知識について
バトロワFPSのApexLegendsのキャラの1人(1体)であるロボット「パスファインダー」について、その特徴や知識、初心者向けの立ち回り、実際に使用した感想などを記事にして行きます。 初心者必見です! ※PC・PS・Xbox・swi...

▲これまででは、公式によるパスファインダーの調整が多すぎですw

高所がとれる強キャラということで今後も調整が入っていくでしょう。

 

なお、今でこそピクセル検証されている方がいましたが、当時は大雑把なヒットボックス検証でした。それでも非常にありがたいものです。

 

そして、以前のジブラルタルはレイスの33平方センチメートルに対して、79平方センチメートルと2.7倍もあったことが伝わっています。

エノタカ
エノタカ

コースティックやジブラルタルは当たり判定が当時最小だったレイスの倍以上ありました。

ちなみに現在は上ツイートからヒットボックスは、かなり小さくなりました。

 

とはいえ、ジブラルタルやコースティックは当たりやすい事はかわらず、的が大きいコースティックとジブラルタルはアップデート1.1.1(詳細は、エーペックスレジェンズ – 4月16日 ゲームアップデート1.1.1)でパッシブ鉄壁」が導入されました。

被ダメージが10%ほど軽減されています。

 

 

スキンによってヒットボックスは変わる?

結論から述べるとスキン(見た目装備)でヒットボックスは変わりません。

そもそも、Apexでは販売しているスキンもあり、ゲームに大きく影響するものを販売したとなれば大問題です。

 

わざわざ検証している海外の方もいます。

昔、このレイスのスキンだと当たり判定がぶっ壊れるという噂がありました。

 

実装時には不具合で違いがあるかもしれませんが、そんなことがあったら修正が入るはずです。

 

 

ヒットボックスは、何故、たびたび変化するのか?

アップデートでヒットボックス(当たり判定)が頻繁に変わって困っている人もいると思います。

僕もそうです。ブログの更新が面倒くさい。

過去、パスファインダーが当たりやすくなったり難しくなったりと毎回変化したり、ジブラルタルがスリム化など可笑しな事も起こっています。

 

しかし、なぜここまでヒットボックスが変化するのでしょうか?

それはキャラクターのバランスがうまく整っていないからです。

 

【Apex】レジェンド構成、世界大会でわかった最強組み合わせはこれ!
※2019年頃のエペが始まった頃のものです。昔はこんな感じだったんだなという記事になります。 先日、2019年9月13日~16日(日本時間)にポーランドでApexLegendsの世界大会「Apex Legends Preseason In...

バランスの悪さは、以前の世界大会決勝の20チームのレジェンド構成を見ればわかります。

この時は、全チームが、パスファインダー、レイス、ワットソンという構成でした。

 

つまり、各レジェンドの強さに差があるので、特定のキャラに集中してしまいバランスが悪いうちはヒットボックスをかえざろう得ないということでしょう。

 

ただ、ApexLegendsが始まってから開始2年も経っていません。

ある程度はヒットボックスが調整された感もあります。

今後はキャラ調整はアビリティ等に変化をつけ、ヒットボックスにはあまり大きな変化がないかと思われます。

 

 

後はヒットボックスの判定におかしな点があるからです。

例えば、シーズン4から追加されたレヴナントですが、かなりヒットボックスが大きく問題になっていましたね。(シーズン4開始時のデータ)

5% Damage increase doesnt seem justified for Revenant. His Hitbox is actually pretty disjointed in many areas from apexlegends

その原因の1つに布の部分にヒットしてもダメージが入る点ですw

海外のReddit(掲示板)で投稿された5% Damage increase doesnt seem justified for Revenant. His Hitbox is actually pretty disjointed in many areasの検証動画によるとレヴナントの布の部分にまでダメージが当たっており問題視されていました。

レヴナントは通常パッシブで被ダメ+5%のデメリットもあるため、今後、修正される可能性はあると思います。

 

【Apex】ローバの能力、評価、初心者向け立ち回りについて
無料配信中のバトロワFPSのApexLegendsの盗賊キャラ「ローバ」について、その能力や特徴、ヒットボックス、初心者向け立ち回り等について記事にしていきます。 初心者の方は必見です! ※記事は随時追記していきます。

シーズン5から登場のローバもヒットボックスは大きいです。

ローバは女性キャラ最大の大きさにも関わらず、あたらないはずの脇下に当たり判定があるのがデメリットです。

 

このように普通なら絶対に当たらない部分が当たってしまうというありえない点で設定がおかしな部分があり、修正する事でヒットボックスが今後も変化する可能性があります。

 

 

Apex Legendsの各レジェンドの走る移動速度の差はある?
「Apex Legends」では、各レジェンド(キャラクター)ごとに特徴や体格が違います。 そこで、歩く速度、走る速度、スライディングの速度などの移動スピードは違うのか気になりますよね。 実際のところ、どうなのか調べてみました。 ...

▲各レジェンドの移動速度について書いています。

 

Apexはどんなゲーム?初心者OK?【switch・PS4版】
エーペックスレジェンズ(Apexlegends)は2019年2月に発売されたFPSです。 当時、FPS初だった僕がとても楽しめているゲームです。 今でも日本人にも人気があります。 魅力や、ハマっている理由などApexlegendsのレ...

▲神ゲーであるApexLegendsのレビュー記事も書いています。