Apex Legends初心者おすすめレジェンドや立ち回りについて

APEX LEGENDS

2019年2月5日に無料でPS4/PC/XboxOneで配信されたばかりのApex Legends。非常に、好調で盛り上がっています。

そこで、初心者向けのおすすめレジェンドや立ち回りについて記事にします。

 

初心者おすすめのレジェンド

初期状態で使えるブラッドハウンド 、ジブラルタル、ライフライン、パスファインダー、レイス、バンガロールに絞ります。

 

おすすめ1位 ジブラルタル

防御が高く、わかりやすいレジェンドで1番おすすめです。

Apexジブラルタル

ジブラルタルアビリティ

まずバッシブが非常に強力!標準器越しにエイムを行うと自動的に「ガンシールド」が出るので打ち合いで強いです。説明の標準器越しにエイムを行うとは、狙い撃ちをすることです。

とはいえ、このガンシールドは50ダメージしか防げないので微妙ではありますw
※現在は75ダメージに修正されています。

Apexは、1発で生死を分けることがあるので有利であることには変わりません。

 

追記:さらにバージョン1.1.1からジブラルタルに「鉄壁」というダメージ-10%のバッシブが追加され、より強くなりました!

 

Apexエイム

↑このように狙い撃ちの状態になります。視野は狭くなりますが、命中精度が上がります。初期状態ではL2ボタンでエイムができますので、確認してみてください。

視野が狭くなりますが、エイムしながらシールドが貼れるので撃ち合いに強いです。

 

また、戦術アビリティが15秒間攻撃をブロックする「ドームシールド」をつくります。

ちなみにバリアのドームは敵の弾だけではなく味方の弾まで防いでしまうので、バリアドーム中から外に攻撃することはできません。

またドームの中に入ても、敵も中に入って攻撃してきたら普通にダメージをもらいます。遠距離の戦闘は非常に有効ですが、接近戦ではあまり意味がないのでご注意ください。そして、ドームは大きな円形の水色で目立つので、こちらの位置を教えてしまいますw

ただ、僕のような生存重視のプレイヤーにとっては非常に良いですね。シールドでバリアを貼っている間に逃げることも可能です。

 

何よりアルティメットの「防衛爆撃」が良いです。

大きな特徴としてジブラルタルの防衛爆撃は仲間にダメージを与えません。ただし、ジブラルタル本人にはダメージを与えます

 

狭い通路での戦いや、味方が倒れたり殺された後の回収ポイントに敵がいることが多いのでそこにマーキングして投下させれば敵を一網打尽にすることも可能です。

本人はダメージをもらいますが、他の味方にダメージを与えないのでエリアが狭いと効果を発揮しますよっ!

 

Apex Legendsの各レジェンドの移動速度の差はあるの?
「Apex Legends」レジェンドごとに特徴や体格が違うので、移動スピードは違うのか気になりますよね。実際のところ、どうなのか調べてみました。 各レジェンドの移動速度の差はあるのか?検証動画 結論から言うと「レジェンドの移動...

ジブラルタルはスピードや体力は他のレジェンドと変わりません。

欠点は体が大きくて的がでかいことですねw

 

おすすめ2位 ライフライン

戦闘慣れしていない初心者でも貢献できるという点でおススメです。

 

Apex ライフライン

「戦う衛生兵」は、シールドの壁で仲間を守りながら素早く復活させる、回復アイテムを25%早く使用できる、という2つの効果を持つパッシブアビリティ。

非常に有効ですが、自分が先に死んでしまわないように注意です。特に接近戦で倒れている味方は周りに敵がいる可能性が非常に高いので、周りを見ながら回復に向かいましょう!

 

アビリティの「D.O.C.ヒールドローン」は、再使用1分で回復装置を設置できるので回復アイテムがない状況でも不要になるほど有効です。自分だけではなく、近くにいれば味方も回復できますので使用したら味方に知らせましょう。

このアビリティは超優秀で戦闘中にも回復してくれます。よって、実質的に体力の上乗せができますので、ある程度の距離を置いた銃撃戦では大活躍してくれます。

逃げ切ってしまえば1分に1度ですが自分の体力を満タンまで回復できるので生存率が高まります。

 

アルティメットの「ケアパッケージ」は救援物資を要請できます。有効なレアアイテムが入っていますのでどんどん活用しましょう!
ただし、物資は空から飛んできますので位置が知られてしまうデメリットがあります。安全な位置の確保や周りに敵がいないか確認してから使うと良いと思います。

 

おすすめ3位 バンガロール

生存率が高いという点でおススメです。
また味方のサポートも可能です。

 

Apexバンガロール

バッシブの「駆け足」はスプリント中に被弾すると、移動速度が短時間向上します。生存率が上がります。これはガチで使えます!

追記:あまりにも強いということで駆け足のスプリント速度が40→30%に修正されました。

 

アビリティの発煙缶を高速射出し、着弾時の爆発で煙の壁を作り出す「スモークランチャー」は、使うとあたり一面が煙だらけになり相手の視野が奪われます。

スモークランチャーの使い道の味方が倒れている際に使うと味方が逃げやすくなるので積極的につかっていきましょう!

また、自分が逃げる際にも良いですね。駆け足と併用すると、ほとんどの戦闘で逃げきることが可能になると思います。

 

アルティメットの「ローリングサンダー」は一帯をゆっくりと巡る支援砲撃を要請するとありますが、一帯に砲弾を投下して一定時間後に起爆というジブラルタルの防衛爆撃に似ています。ただし、ジブラルタルの防衛爆撃とは違い仲間にダメージを与えるので注意が必要です!

エノタカ
エノタカ

ちなみに解放できたらコースティックが1番のおススメです。毒ガスで敵の動きを遅くする技が有効すぎです。

 

初心者おすすめ立ち回り

生存重視、銃の乱射を抑え、キルにこだわらない

サバイバルゲームは生き残るゲームで殺しあうゲームではないです。

どうしても倒したいと思うでしょうが、目的は20チームの中で優勝することどれだけ倒しても負けては意味がありません

銃を撃つと音や自分の位置を知らせてしまうので、乱射は止めて最低限にしましょう。他のチームが戦っている姿を見るとわかりますが、銃の乱射でこちらの位置はすぐバレます。上級者が見ていたら狙い撃ちされてあなたが倒される危険性もあります。

 

Apexアリーナチャンピョン

僕はチーム合計2キルで優勝したこともあります。

最初から最後までほぼ隠れていて、残り3チームで2チームが争って消耗していたチームを倒して優勝です。

戦っていたので位置はバレバレで死にかけていたので僕は1発あてて(18ダメージ)1キルした程度でした。生存を重視すれば優勝でなくても上位ランクインは狙えます

 

Apex2位

初期から生存を重視していたので、僕のプレイスタイルはキル数は少ないです。初期スキンではキル数しか表示できないのですが、平均順位などに変更したいですねw キル数が少なくて順位が良い(生存時間が長い)のでレベルだけがどんどん上がります;

とりま、自分がダウンしたり、死ぬと数的不利になりチームが敗北になる可能性が高まります。逃げきれたらシールドや体力を回復してから再び挑みましょう。

 

上級者についていく(数的有利を保つ・孤立しない)

Apex上級者

たまにチームに上級者と思われるプレイヤーが味方になることがあります。明らかに自分より上手だなと思うようなプレイヤーが味方にいた場合は、ついていきましょう

ガチで上手い人の側にいれば動きも学べますし、大抵の敵を倒してくれるので生存率が大幅に上がりますw まさに虎の威を借りるなんちゃらのようになれますw

 

あと、このゲームの特徴として敵が硬いです。
上級者でも複数部隊を裁くのは難しいでしょう。そういった意味でも孤立せず、できるだけ味方が側にいる位置を確保しましょう。

敵を見つけたら1人で戦わずにR1を2回素早く押して敵がいることを味方にアピールしましょう。数的有利であれば勝率がグッと高まります。

 

地の利を生かす

Apexゲーム画面

高所からの攻撃は有効です。上から下は敵の動きが丸見えで狙い撃ちできます。逆に下から上の状況を見るのは難しいです。

また高所からは飛び降りでノーダメージで低所に下りることができますが、低所から高所に移動することは登っていく必要があるので難しく移動面でも不利です。

高い場所が有利であることは、孫子の兵法の「およそ軍は高きを好みて低きを悪(にく)む」という言葉が残っているくらいです。

 

Apexゲーム画面

また、リンクの枠付近や壁際も有効な場所です。なぜならリングの枠の外(オレンジ色の部分に)にいるとダメージを受けるので、枠の外から攻撃されません。また壁際からも攻撃してきませんので基本的には安全です。

移動も壁際などを利用すると、見つかりにくいです。

壁際であれば、追加部隊は壁側から来ることはあまりないです。

 

立ち位置で最も危険なのは見通しの良い低所の場所です。四方八方から攻撃される可能性があるので非常に危険です。負けパターンも、そのような場所にいて見つかり攻撃されて倒されるパターンが多かったですね。

 

落下のタイミング

最初のシップの落下は後から落下することを意識すると良いでしょう。

 

なぜなら後になるほど周りの落下状況が見えるからです。落下ポイントを見てできるだけ敵がいない所に降りてアイテムをきっちり集めましょう。どんな上級者もアイテムなしでは生存することは難しいです。

 

ただし、同様の事を考えて、落下するPTが開始から殆どいない場合もあります。その場合は、有利なポイントに素早く降りると良いでしょう。空を飛んでるシップやホットゾーンにまだ誰も落ちていない場合などは強いアイテムを先に回収できてチャンスです。

 

撃ち合いの実践をしたいのであれば、すぐ手前で降りましょう。

ここは暗黙の初回からドンパチが出来る場所で、撃ち合いの練習をしたい方にうってつけの落下場所になっています。

 

周りを見てから移動する

味方から移動するように支持された位置やアイテムなどを探すためにすぐに移動してしまいがちですが敵はどこに隠れているかわかりません。

移動の際は周りを良く見てから移動しましょう。

特に味方が殺された際、回収位置には敵が潜んでいる可能性が非常に高いので警戒です!

 

ジャンプマスター時

Apexマップ詳細

マップ詳細を見るとわかるのですが、ホットゾーンは上位のフルキットの武器が手に入る可能性があるので上級者が集結しやすいです。よって、チームのジャンプマスターになった際、できるだけホットゾーン付近には落下しないようにしましょう。

ホットゾーンには自信のあるプレイヤーが落下することが多いです。初心者PTだと、いきなりドンパチで倒される可能性が高いですね。

ただし、とんでもない上級者が味方にいた場合は、逆に落ちても良いと思いますw 彼が倒してくれますし、強い武器も手に入る可能性が高まります。

 

 

最後に

現在の仕様では、レベル毎にマッチングされるわけではなくランダムでチームが組まれるので、初心者のうちは相手にかなりの格上が混ざっている事が多いです。

よって、初心者の段階でまともに撃ち合っては勝利することが難しく、まずは生き残ることを重視しすると良いでしょう。3人のチーム戦ですので、キル0でも優勝することができます。

 

Apexトレーニングモード

復活させることができるので支援能力が高くても貢献できます。
敵を倒すことが全てではありません。

実践を混ぜつつ、練習モードで様々なパターンを想定して練習して見てください。特に自分にあう銃の使用感などは練習モードで体験できます。

 

 

今回は生存を意識した記事になりましたが、実践では撃ち合いも体験してみてください。

もちろん生き残れば上位にいきますが、優勝のために必ず1回は撃ち合いになります。しかも上位になるほど上手い事が多いので慣れていないと撃ち合いで負けますw

 

よって、あえて順位にこだわらずに序盤から撃ち合って敵を倒すことを目的とすることも練習になります。

 

もちろん好成績を残すなら人のいないエリアに落下するのは定石ですが、僕は練習になるので敵が密集しているエリアも大歓迎です。

 

ApexLegendsの上級者の見分けよう!初心者ドン勝のコツ!
あなたがApexLegendsの初心者でも圧倒的な上級者に従えば勝つことができます。 そこで、本日はApexLegends内での上級者に従うとなぜドン勝ちできる確率があがるのか? そして、その上級者の見分け方を記事にします。 上級者は...